人間の「脳」に関する面白い記事を見つけましたので、ちょっと紹介します。

「脳」に関する面白い記事を見つけましたので、ちょっと紹介します。

自分が、自分自身の強い「意志」で動いていると考えているなら、大きな間違いです。 もちろん、生まれる前からの遺伝的要素、生まれてからの生活環境、養育環境にも影響されますが、自分の意志以上に脳のネットワーク(配線)と情報の伝達にかかわる神経伝達物質に影響されて生きています。

精神活動の面で影響が有る神経伝達物質は、主に、γ-アミノ酪酸(GABA-ギャバ)、ドーパミン(快感神経系のスイッチを入れるのがドーパミンで、A-10神経系で生成される)、ノルアドレナリン、セロトニンなどです。

Sponsored Links




1.キレる人は、なぜキレるのか? 脳科学から見る「3つの原因」

キレやすい人が増えている背景には、「前頭前野の未発達」、「セロトニンの不足」、「血糖値の乱高下」という3つの原因が考えられる様です。

zentou_001

1)未発達な前頭前野がキレる人を生む
人間の脳には「前頭前野」という部位があり、ここが物事全体を把握して、欲望や感情を抑える働きをしている。「前頭前野」が、不活性であること、未発達であることです。

脳は使えば使うほど発達するが、使わなければ発達しない。したがって、子供の頃、我慢や抑制をせずに育つと、この抑制機能をはたす「前頭前野」部分の発育が弱くなる。

一番、分かり易いのは、親に甘やかされて育った「腐れガキ」、「前頭葉が幼稚」が、いい例でしょう。

2)疲労やストレスを生むパソコン・スマホ生活
「前頭前野」の機能をスムーズに動かすために必要な物質が、脳の中にあるセロトニンという神経伝達物質で、セロトニンを分泌させるセロトニン神経は、脳の中心である脳幹のさらに中央部分の縫線核というところにある。
疲労、ストレス、夜型生活、運動不足、人とのコミュニケーション不足などで、セロトニン神経の働きが弱まってしまうという。すると、たとえば、通りすがりの人とちょっと肩がぶつかったくらいで怒りが抑えられなくなり、暴力沙汰になるというわけです。

3)甘いものを食べすぎると、逆に低血糖になってキレる
脳のエネルギーはブドウ糖であり、消化器官から脳に糖を届けるためには、空腹時でも血糖値が80くらいないと脳が正常に働かない。「血糖値が80を下回ると、脳は不安になってくるんです。それではまずいので体は血糖値を上げるホルモンを連打してくる。その中には人を興奮させるホルモンであるアドレナリンも含まれています。だから興奮して攻撃的になりやすい。
通常、血糖値は空腹時でも80程度をキープするように制御されていますが、それを下回ってしまう低血糖症の人は意識が不安から攻撃へと転移するので、それでキレやすくなる」。

参照:http://news.livedoor.com/article/detail/11647635/

感想
社会の中で、些細なことで激しく怒りだし、ひどいときは暴力沙汰に発展することもあるが、どんなに「前頭前野」が未発達でも、「扁桃体」が機能していれば、どっちが強いか? 小賢しくもちゃんと理解し、判断して「キレ」ているのです。

しかし、どっちが強いか?を理解しないで噛みついてくる奴は、「頭の配線」のオカシイ人ですので、ちょっと注意が必要です。 ですが、誰も見ていなければ、完璧に「叩き潰す」だけです。 そう、動物の様に「扁桃体」に恐怖を叩きこんでやるしかないんです。

言葉で言っても理解できない奴には、脳の「器官」に直接的に作用させるのが、一番です。

2.糖尿病になると脳が縮む 1200人のMRI画像分析

糖尿病」になると記憶にかかわる脳の「海馬Hippocampus」という部分の萎縮が進むことが、福岡県久山町の住民を対象とした九州大チームの研究で示された。

糖尿病歴が長いほど脳の容積が小さくなる傾向だった。
中でも記憶と関係が深く、脳の奥の方にある「海馬」の容積をみると、糖尿病歴が10~16年だと糖尿病でない人に比べて約3%、17年以上だと約6%小さいという結果が出た。

参照:http://www.asahi.com/articles/ASJ6J21PCJ6JUBQU001.html

3.子どもの「自閉症」の原因に 殺虫剤・農薬の空中散布地域はリスクが急増

「自閉症」が急増している原因は、はっきりしていない。診断の基準が改定されたためや、親の高齢などの要因もある。また、水銀や農薬、栄養不足などの環境要因も考えられている。

今回、米国小児科学会は、新たな知見を発表した。飛行機による殺虫剤散布をしている地域で出生した子どもは、自閉症リスクが約25%も上昇しており、自閉症の発症に大きく影響しているというのだ。

参照:https://www.circl.jp/16461

4.ADHDをもつ子供たちと、持たない子供たちとの違いとは?研究結果が発表

「私たちはみんな報酬を得られる行動を繰り返す傾向があります。自分にとって好結果をもたらす行動はどれかを学んでいるのです。」

ただ、報酬を確実に得るためのガイドラインが、提示されることは滅多にありません。それでも、多くの人は社会生活において、報酬を得られるチャンスを最大化するために、試行錯誤して様々な行動を取ろうとしますが、ADHDを持つ子どもたちにはそれが難しいのです

参照:http://getnews.jp/archives/1476883

感想
別の見方をすれば、みんな持っている「ずるさ」を身に着けていない、身に付けることのできない子供達なのかもしれません。

そう、みんなと同じ行動を取るための「感受性」を持っていない為に、ちょっと、生きにくい生き方をしなければならない人達なのかもしれません。

5.人間の脳は考えられていたよりも10倍(1ぺタバイト)記憶できることが判明!

しかし頭のデキが悪いと悲観するなかれ、我々の脳の“記憶容量”はこれまで考えられていたよりも各段に大きいという最新研究が報告されている。

■脳の記憶容量は1ペタバイト
米・ソーク研究所のテリー・セチノウスキー教授が主導する研究では、人間の脳はこれまでの定説より10倍もの情報を記憶できることが発表された。

同研究チームがライフサイエンス誌「eLife」で発表した論文によれば、脳神経細胞の結合部であるシナプスのサイズを測ることで記憶容量を測定することに成功したという。平均的なシナプスは4.7ビット(0.5875バイト)の記憶容量があるということで、脳全体では約1ペタバイト(1,024テラバイト)の情報の記憶が可能であるということだ。これは従来の学説の10倍の記憶容量になり、書類をめいっぱい収納した4段式キャビネットの2000万個分の文字情報に相当するというから驚きだ。辞書一冊どころの話ではないのだ。HD品質の映像ならなんと13.3年分のデータ量である。

研究チームはマウスを使って、記憶を司る脳の海馬の部分のメカニズムの解析を行ない、顕微鏡と計算アルゴリズムを活用して脳組織の神経伝達回路をナノ分子レベルの3D画像で再現した。この過程を経て、脳内に夥しく存在するシナプスのサイズがこれまで考えられていたよりも一定(サイズ差8%以内)であることがわかり、記憶容量も1本につき4.7ビットであることを算出。これにより脳全体の記憶容量が約1ペタバイトであることを突き止めたのである。

■学習と記憶のメカニズムの研究にも寄与
脳の記憶容量の大きさだけではない。この研究では脳がいかに“省エネ”であるかも再確認されることになった。

「今回の研究は神経科学の分野を騒がせるものになります。我々は、いかに海馬ニューロンが低エネルギーで高性能の演算機能を有しているのか、その構造を紐解くための鍵を発見したのです」とセチノウスキー教授はソーク研究所のサイトで言及している。

一般成人の起床時の脳は20ワットのエネルギーしか消費していないという。最新型のLED蛍光灯1本分といったところだ。この省エネに優れた脳の構造を研究することで、将来は僅かな電力消費とパワフルな演算機能を両立させたコンピュータの開発に応用することができるという。

「この研究はまた、学習と記憶のメカニズムに関する研究に新たな一章をもたらすものになります」と研究チームのメンバーであるテキサス大学のクリステン・ハリス教授は語る。

ハリス教授は今回の研究で新たな研究課題が多く生まれたことを指摘している。例えば海馬以外のほかの部分にあるシナプスの研究や、学習初期の段階におけるシナプス接続の発達過程などである。

参照:http://tocana.jp/i/2016/01/post_8711_entry.html

感想
人間の脳は、ほぼフルスペックで生まれてきますが、成長して脳の記憶容量が、1ペタバイト有ろうが無かろうが、やはりバカは、バカです。

「知能」が低い訳でもないのに、頭が悪いのは、怠けて生きているからです。

神経細胞は、人並みに有るが、怠けて生きているから、脳内の神経細胞のネットワークがちゃんと繋がっていないのです。だからバカなんです。

電車の中で横を見れば、スマホ片手に、バカゲーム、バカ動画、三昧です。 もう、世の中、バカが、圧倒的多数を占めています。

6.アルツハイマー病で記憶は失われていない可能性

ADマウスにおける記憶想起の障害が、神経細胞同士をつなぐシナプスが形成される「スパイン」という構造の減少と関連していることを突き止め、光遺伝学を用いてこのスパインを正常化すると記憶想起も正常化することを実証しました。

樹状突起スパインとは神経細胞の樹状突起から突き出ている小区画であり、脳のほとんどの興奮性シナプスの入力を『受信』しています。

「AD患者の記憶は失われておらず、思い出せないだけかもしれない」

参照:http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160317_1/

関連記事
「デジタル・デメンチア」 子どもの思考力を奪うデジタル認知障害(マンフレド・シュピッツァー著)を読んで、「リテラシー」との関係について

「発達障害」という言葉だけが先行し、脳科学の理解が追いつかない。

BLOGOSの投稿記事 「意識高い系は「闇」を知らない」がちょっと気になる。

子どもを「大切に大切に」しながらダメにする親と云う記事が、面白い。

NHKが、NHKスペシャル「ママたちが非常事態!?」の第2弾を放映しました。
NHKスペシャル「ママたちが非常事態!?」 子育てがつらすぎる! なぜこんなに不安で孤独なの?私って、母親失格? 母親になる前に知っておくべき「脳」の仕組みについて。

今年、一番面白かった、他人のブログ記事。。。もう「最高傑作」です。

保護者の所得は学力にどれほど影響があるのか?  非常に興味深い内容の記事を見つけましたので紹介します。

「酒鬼薔薇聖斗」こと、「元少年A」という名で18年前の神戸連続児童殺傷事件を起こした犯人が手記『絶歌』を出版

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です