Cerevoが、スマートフォンで操作する改造ミニ四駆製作キット「MKZ4」を発売

2016年6月30日、
Cerevoが、スマートフォンで操作する改造ミニ四駆製作キット「MKZ4」を発売しました。
出荷は7月中旬です。

・直販サイト「Cerevo official store」の価格は5,980円(税別)です。
・別売の組み立て時に便利な「書き込みキット」や「ツールセット」も同日発売です。

面白い、オモチャに着目していますね。アメリカで人気のビックフット四駆のミニ版の車体です。車両本体の値段も千円札1枚ちょっとで、買えちゃいます。 但し、軸受けベアリングなどのパーツを装着すると、ちょっと高価なオモチャになります。

そう、これは、タミヤ製のミニ四駆本体のお話ではなく、スマートフォンで操作できるようにする改造ミニ四駆製作キットのお話です。 ミニ四駆本体は別売です。

Sponsored Links




操作は、Wi-Fi接続したスマホのWebブラウザから行います。ブラウザからMKZ4にアクセスすると、オリジナルのアプリがブラウザ内で起動して、画面でのフリック操作で、前、後、左・右と遠隔操作ができるようになっています。

なんだか、操作は、単純な形態ですね。ステアリング操作を微妙にするような仕組みではない様ですが、自分で作って楽しむと云う点では、面白い企画ではと思います。

サーボモーターが付いていますので、ステアリング操作が可能ですね。
前進・後退とスピードの調整も可能です。

本当は、送信機のジョイスティックで操縦できれば、みんなでレースをして楽しめそうです。

陸上版のドローンですか。。。。。

いまどき、5,000円も出せば、立派なリモコン操縦(送信機のジョイスティックで操縦できる)の車が買えちゃいますが、自分で無線操縦する処の部品を組み立てるところに意義が有るのです。

ちょっと気になるのが、簡単なプログラミングもできる様ですが、プログラミングでどんなことができるのかが。。。。ちょっと気になりますが、メインは「お子様」用ですので、あまり詳しく、ほじくらないようにします。

1台欲しいなー。。。。。。

タミヤ製のミニ四駆本体に改造キットを取り付けると、下記の様になる様です

mk4z-001

改造ミニ四駆製作キット セット内容】 (税別5,980円)
・無線LANモジュール「ESP-WROOM-02」
・ミニ四駆操作用の専用基板とステアリングパーツ
・基板実装に必要な各パーツ
mk4z-002

■MKZ4用 プログラム書き込みキット「MKZ4WK」(税別1,980円)

MKZ4に含まれる無線LANモジュールへ、ミニ四駆をブラウザから操作できるプログラムを書き込むためのキットです。

mk4z-003

■MKZ4用 電子工作向けツールセット「MKZ4TS」(税別9,980円)

mk4z-004

・はんだゴテ、台、はんだ、はんだ吸い取り器、テスター。
・ステアリングを組み立てるのに必要なニッパ、ドライバ、ピンバイス、ドリル、ピンセット、マスキングテープ。

キット発売記念「スペシャルパック」
改造ミニ四駆製作キットの発売を記念してワイルドミニ四駆、MKZ4、MKZ4WKをセットにし たスペシャルパックを、特別価格の8,888円(税別)で Cerevo直販サイトで販売します。

スペシャルパックの車種は「ニッサン テラノ ’93 パリダカ仕様 (チーム NOK JATCO)」、「トヨタ ハイラックス モンスターレーサー Jr.」「ランチボックス Jr.」の3種類で、それぞれ30台の数量限定で販売。

教育機関、自治体向け「アカデミアパック」】
アカデミアパックの価格はMKZ4を20セット、MKZ4WKを1セットのパッケージで92,574円(税別価格、税込99,980円)です。

MKZ4 対応のワイルドミニ四駆車種について
1,000円ちょっとで購入できます。 モーター付、電池
(単3形電池2本)は別売です。

株式会社タミヤ製の「ワイルドミニ四駆」を本キットを用いて改造することで、スマートフォンからワイルドミニ四駆を操縦できます。 ですので「ワイルドミニ四駆」の本体は、別途タミヤから購入が必要です。

mk4z-006

  • ランチボックス Jr.
  • ワイルドザウルス
  • ニッサン キングキャブ Jr.
  • ブルヘッド Jr.
  • トヨタ ハイラックス モンスターレーサー Jr.
  • トヨタ ハイラックス サーフ
  • ニッサン テラノ ’93 パリダカ仕様 (チーム NOK JATCO)
  • ダッシュCBW コマンドザウルス
  • マンモスダンプ

・「1/32 ワイルドミニ四駆シリーズ」タミヤ サイト
http://www.tamiya.com/japan/products/list/32wildmini/kit17001.htm

追記】 2016年7月2日
ロボットの組み立てとプログラミングを楽しく学べるという「知育ロボット『mBot』組み立てキット」が上海問屋から発売されました。

超音波センサー、ライントレースセンサーなどが搭載されていますので、結構、高機能です。

販売価格 12,960円(税込)

mBot_002

『mBot』のプログラミングは、公式サイトでダウンロードできるPC用ソフトウェア『mBlock』(Windows、Mac )か、下記QRコードのページでインストールできるiPad専用のアプリ『mBlockly』を使って行えます。 尚、アプリは無料です。

スペック

対応 iOS7.0以降のiPhone、iPad(プログラミング用アプリ『mBlockly』はiPad専用)、
Android 3.3以降の各種スマートフォン/タブレット
通信方式 Bluetooth
電源 単三乾電池×4(別売)
付属品 骨組み(胴体)、制御用基板、モーター×2、超音波センサー、ライントレースセンサー、
ローラーボール、電池ボックス、リモコン、ネジM3×6、M3ナット×8、ネジM4×15、
タッピングネジM2×2、タイヤ×2、プラススタッド×4、マジックテープ×2、日本語マニュアル
サイズ 高さ 約95mm×幅 約118mm×奥行き 約165mm
重量 約500g

https://www.donya.jp/item/73935.html


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*