NTTドコモが、同社のサイト上に「通信エリア状況を表示した登山道マップ」の提供を開始

2016年7月8日(金)より、
NTTドコモが、同社のサイト上に「通信エリア状況を表示した登山道マップ」の提供を開始しました。

私は、登山はしませんので、電波が届かなくて、心細い思いをした経験は有りませんが、やはり、登山中、下界と繋がっているのは、心強いと思います。

後は、連泊する時などは、万が一の事を考えて、必ず、「モバイルバッテリー」を持って行った方が良いでしょう。私の場合、街にいる時でも、必ず、1台は携帯しています。

Sponsored Links





nttdocomo_tuu_ken_001

携帯電話がご利用いただける登山道情報検索
で、北海道を選択して、検索すると。。。。。。。。

山名 スポット名
・利尻岳 山頂、鴛泊コース
・羅臼岳 山頂
・斜里岳 山頂、清里コース
・阿寒岳 山頂、国民宿舎 山の宿・野中温泉
・大雪山 山頂(旭岳)、旭岳石室
・トムラウシ山 山頂、国民宿舎 東大雪荘
・十勝岳 山頂、十勝岳避難小屋、望岳台コース
・幌尻岳 山頂
・後方羊蹄山 山頂、羊蹄小屋
・雌阿寒岳 山頂
・樽前山 樽前山7合目ヒュッテ
・四方嶺 ロープウェイ温泉駅
北海道駒ヶ岳 6合目広場、馬の背
有珠山 有珠火口原展望台、有珠山外輪山展望台、昭和新山山麓駅、有珠山山頂駅
恵山 山頂、恵山入口・火口原駐車場

2016年7月11日時点で、北海道を選択すると地図が表示されるのは、駒ケ岳、有珠山、恵山の3つのみですが、今後、増える事を期待しましょう。

有珠山を表示してみると、下図の様に表示されます。
赤二重丸と赤線が利用可能のエリアです。

nttdocomo_tuu_ken_002

印刷もできますので、良いですね。山に持って行けます。

NTTドコモの登山道での取組み

対策1.登山道対策専用アンテナを追加
(住宅地方向とは別に山頂方向に電波を発射することで、出来る限り「つながる」エリアを広げています)

対策2.小型基地局を設置
(山小屋の屋根や周辺の小さなスペースに小型基地局を設置し、スポット的にエリア化を行っています)

対策3.ブースタ基地局を設置
(麓の基地局から電波が届いている場所にブースタ装置を設置し、電波を増幅して強くする)

対策4.登山シーズン限定基地局を設置

nttdocomo_tuu_ken_003

さすが、NTTドコモは、こんなところで、頑張っているんですね。

iPhoneアプリ『Go雨!探知機 -XバンドMPレーダー』、繋がるならこれも役に立ちますので紹介します。

関連記事
スマートフォンに、日本気象協会がリリースした『Go雨!探知機 -XバンドMPレーダ-』を入れておくと便利です。

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です