The Apache Software Foundationが、オープンソースのオフィス統合環境「Apache OpenOffice」v4.1.3を公開

2016年10月12日、
The Apache Software Foundationが、オープンソースのオフィス統合環境「Apache OpenOffice」v4.1.3を公開しました。

「Apache OpenOffice」プロジェクトは、人員不足で継続が危ぶまれていたが、当面の危機は避けられた模様で、今回のバージョンは、緊急性を要する脆弱性の修正のみとなっています。
Sponsored Links




apache_openoffice_001

補足説明
2011年6月に、「OpenOffice.org」は、「Oracle」から「Apache Software Foundation」に寄贈され、「Apache OpenOffice」と改名されました。

そして、もう一つ、OpenOffice.org開発コミュニティーの主要メンバーが設立したThe Document Foundationにより開発されている「LibreOffice」があります。

また、「Apache OpenOffice 4.0」では、OpenOffice.orgの派生版としてIBMが開発してきた「Lotus Symphony」の機能を統合しています。

アプリケーションの構成
OpenOfficeは、「LibreOffice」とほぼ同じ構成です。
・Writer:ワードプロセッサ
・Calc:スプレッドシート
・Impres:プレゼンテーション
・Draw:ドローソフト、Math:数式エディタを含みます
・Base:データベース管理プログラム。

対応OS
Windows XP/Server 2003/Vista/7/8/Server 2012/8.1/10

・Apache OpenOffice サイト
http://www.openoffice.org/


Sponsored Links










関連記事
フリーのオフィススイート「SoftMaker FreeOffice」についてです お初です。
The Document Foundationが、オープンソースのオフィススイート最新版「LibreOffice」v5.2を公開
フリーのデータベースソフト「Base(ベース)」についてとデータベースアプリを作成するには。。。
無料(フリー)のオフィスソフトは、どれが使える?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です