「しくみデザイン」が、体を動かすと楽器を演奏できるアプリ「KAGURA」を公開

2015年1月14日、
「しくみデザイン」が、3Dカメラに向かい、体を動かすと楽器を演奏できるアプリ「KAGURA」を公開しました。
Sponsored Links





2013年に Intelが主催した「Intel Perceptual Computing Challenge 2013」でグランプリを受賞した「KAGURA」は、インテルが開発を進めている動作認識技術「RealSense」で、RealSense 3Dカメラを使い映像をリアルタイム解析し、距離認識やジェスチャー認識など、直感的な操作をもとに楽器演奏ができるアプリとしてリリースされました。

KAGURA サイトに動画が有りますので、それを見れば、どんなもんかすぐにわかります。
楽器が弾けなくても、演奏できると云う、コンセプトがすごいです。

これ、多分、子供たちの方が、すぐに使いこなせるのではと思います。

このソフトは、「RealSense」に対応した3Dカメラを搭載したパソコンであれば、全ての機能を利用できますが、通常の画面の上に付いているWebカメラでも、全機能は使えませんが演奏を楽しめる様です。

機能
演奏、水面エフェクト、ジェスチャ認識、録音音アイコンの移動演奏の録画
(Webカメラの場合、文字の機能のみです)

・「RECモード」で演奏動画を保存し、Youtubeやニコニコ動画へシェアするのも可能。
・サウンドセットは5種類。今後どんどん追加されます。

対応OS
Windows 8.1(64bit版)

・KAGURA サイト
http://www.kagura.cc/jp/

Sponsored Links