Microsoft社から、Windows 10用のWindows Update エラーを修正するMicrosoft公式のツールがリリース

Microsoft社から、Windows 10用のWindows Update エラーを修正する公式のツールがリリースしました。

去年、お客様の処で、Windows 7の「Windows Update エラー」が発生して、Updateがかからないパソコンが1台あったのですが、Windows10にアップグレードして、問題はなくなりました。

たまにですが、「Windows Update エラー」が発生するのですが、簡単に回復する場合と、なかなか治すのが、大変、難しい場合があります。

この「Windows Update」は専用のファイルを持ていて、何をダウンロードしたかも、いじれませんが、管理しているのです。 これが、何らかの原因で壊れる時があり、修復が困難な場合があるのです。

Windowsを再インストールすれば、治るでしょうが、そんなメンドクサイことはしていられません。

是非、Windows 7やWindows 8.1でも、ちゃんと解決することができる、修復できるツールを作ってほしいものです。


Sponsored Links




それでは、「Windows 10」だけですが、トラブっていませんが、実際にやってみました、

ダウンロド、実行するための画面

上図、Windows Update トラブルシューティングをクリックすると、「latestwu.diagcab」ファイルを開く画面が表示されますので、「プログラムで開く」を選択後、OKボタンをクリックすると始まります。

尚、Windows 8.1、Windows 7も選択肢にありますが、Windows ログ キーを押し、「ネットワークの問題」と入力して、リストから [ネットワークの問題の識別と修復] を選択する方法しか記載されていません。

管理者権限 確認画面

管理者権限が必要ですので、下図の画面が表示される場合があります。
管理者として。。。を選択してクリックする。

トラブルシューティングを開始する

「次へ」ボタンをクリックすると、開始されます。

実行結果 画面

問題が無ければ、上図の様に「問題を特定できませんでした」が表示されるでしょう。

対応OS
Windows 10のみ

・Windows Update エラーを修正する サイト
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/10164/fix-windows-update-errors


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*