人工知能(AI)の導入でこれから起こる「性産業界」の革命的な変化とは?

人工知能(AI)の導入でこれから起こる「性産業界」の革命的な変化とは?

「人工知能」と云うキーワードで、ネットの中で、いや、リアルの世界で、あまり取り上げたくないのですが、密かに、密かに、起こっている出来事があります。
しかし、これは、密かに、密かに、起こっていますが、たぶん、一番、進化してきているでしょう。 なぜなら、金になるからです。 テクノジーの進化は、やはり、金になる業界から進歩してくるようです。

Sponsored Links




1.「ラブドール」のみが客をもてなすと云う店が、スペインのバルセロナに開店した宿「ルミ・ドールズ」です。

ヨーロッパ系のKATY、アフリカ系のLEIZA、アジア系のLILY、日本の「初音ミク」系のコスプレAKIの4体の「ラブドール」を選択できます。
経口、膣と肛門の空洞を持っています
・使用時はコンドーム着用、使用後はお店で完全消毒。

ラブドールを借りる値段は、「115ドル(約1万3000円)~160ドル(約1万8000円)」くらいだそうです。

スペインでは、この様な「宿」って合法なんですね。。。でも、それって人間が相手をする場合ですよね。

日本で、人間が相手をする場合は非合法ですが、「ラブドール」が相手をする場合は、合法になるのでしょうか?。。。。。。。

日本でも、必ず、この様な商売を始める計画しているベンチャーがいる様に思いますが、まだ表に出てきていない様に思います。

2.男性用のドールだけかと思いきや、女性用のも「リアルドール社」から登場しています。

男女平等です。 女性用のも有っても不思議ではありません。 必然の登場です。

女性向けの男性ロボットも海外には存在しています。

3.発売が近いといわれているAI(人工知能)搭載のセックスドール

Appleのsiri、Googleの人工知能、Microsoft社のリンナなど、人間とある程度の会話ができる様になっていますが、この様なドールを購入して、パーソナライズな部分をソフト的にカスタマイズできるようになれば、使用者は、感情的な絆まで感じる様になるかもしてません。

<いろいろな頭の配線を有した人間が、この世に存在します>
・ただの変態おやじ、ただの変態ババア

・LGBTの人たち
女性同性愛者(レズビアン、Lesbian)、男性同性愛者(ゲイ、Gay)、両性愛者(バイセクシュアル、Bisexual)、性同一性障害を含む性別越境者など(トランスジェンダー、Transgender)

・小児性愛者(ペドフィリア)

ロボットが、AIを搭載して、リアルに動作ができる様になれば、もう、アンドロイドの世界です。 映画「ターミネーター」の世界です。

リアルな社会の中で、人間関係をきずくのが困難な場合、何か、精神的な支えになるアンドロイドロボットが、これから存在してもおかしくないですね。

色々な社会問題を抱えていると思いますが、人間と同じように様に「頭の配線」がおかしいロボットだけは、製造してほしくないと思います。

生まれつき「頭の配線」がおかしいのは、人間だけにしてほしいものです。

恐らく、AIを搭載した、人型ロボット、人形は、決して高齢化社会の中で「介護」の業界ではなく、この「性産業」が最初に進化させてくるでしょう。

・「Lumi Dolls(ルミ・ドールズ)」
http://www.lumidolls.com/

・リアルドール社
https://secure.realdoll.com/


Sponsored Links










コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*