「引きこもり」が高年齢化。。。の記事に思う。

「引きこもり」が高年齢化。。。の記事に思う。

「引きこもり」は、アメリカ精神医学会編纂の『DSM-III』の診断基準における「Social Withdrawal(社会的撤退)」という用語からきているようです。

内閣府が、学校や仕事に行かず半年以上ほとんど外出しない15~39歳の「引きこもり」の人が、全国に54万1千人いるという推計値を発表していますが、40代オーバーの年齢はカウントされていません。

Sponsored Links




1.厚生労働省では、「引きこもり」の定義は、

「仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6か月以上続けて自宅にひきこもっている状態」 時々は買い物などで外出することもあるという場合も「ひきこもり」に含める。

日本では、青少年の問題と捉えられ、「引きこもり」の実態調査を30代までしかしていないようですが、実態は、確実に年齢がスライドして、段々と高年齢化しているので、対策の見直しが、必要になっているようですが、どうなんでしょう。

どんな対策の見直しなのでしょうか?

2.実態としては

自治体窓口で、引きこもりの対応で、40代が62%で最も多く、次いで30代が52%の窓口で対応しているようで、確実に年齢がスライドしています。

内閣府が、全国に54万1千人いるという推計値を発表していますが、40、50代を含めると、恐らく、この倍は居るでしょう。 100万人の単位になる。。。。

昨今、貧困問題が社会の中で、問題視されていますが、20歳以上の「引きこもり」の人たちって、結局、働かず、家に閉じこもっているという事は、三食付きで、暖かい部屋で遊んでいられる身分の人が多いんですかね。。。。。まあ、元気に遊んでいるのとは違うでしょうが。

貧困問題の渦中の人、「引きこもり」の人も、脳の状態は、同じような気がしますが、親が経済的に余裕が有れば、ぬくぬくと暖かい部屋で遊んでいられる。

片や、親が経済的に余裕が無ければ、経済的に「貧困状態」になる。

3.脳の状態は、「貧困」も同じような気がしますが、ここにも、格差が生じています。

どっちを先に救済する必要があるのか、どちらも同じか。

ただ、「引きこもり」は、親が面倒をみているので、貧困状態にならないだけで、高齢化してくれば、親もいつまでも生きているわけでもありませんので、やがては貧困状態に陥るのは確実です。

親に、経済的に面倒をみてもらえる者を「引きこもり」と云い、そうでない者は「貧困生活者」と言うのか?

親が居なくなれば、自動的に「貧困生活者」になってゆく。その前に何とかしなくては。

4.何が、原因なのか?

「貧困問題」を調べていても、全部ではないが、「精神疾患」を抱えた人間が多いのは、「引きこもり」も同じようなパターンなような気がします。

ひきこもりと関連の深い「精神障害」の主なものとしては、

発達障害、パーソナリティ(人格)障害、適応障害(ストレス)などが、複合的に絡み合って発生しているようですので、一個人で対策をとれるような状態ではないのではと思います。

「精神障害」の場合は、子供だけではなく、親も治療の対象になってくる問題でもあります。

治療をしても、改善する場合と、改善しない場合が、多く発生するのは必至で、現代医学ではまだ解決できない問題でもあります。

思うのは、学校での「いじめ」問題についても、なぜ、いじめられるのか? という部分で言えば、人として、ちょっと、変わったところの子が、いじめられるのが多いと思います。

社会の中でも、「いじめ」問題は、密かに、発生しています。 大人になると、ずるくなるので、責任を取らされるのを嫌うため、子供と同じように、陰湿な手を使い、攻撃されます。

就職すれば、たちが悪いのは、金をもらって仕事をしていますので、能力を問題にして、攻撃してきます。

5.教育現場で、脳の障害について、ちゃんと教えるべき。

もう、中学生くらいの年齢になったら、授業の中で、発達障害、パーソナリティ(人格)障害、適応障害(ストレス)、愛着障害などの精神疾患について、ちゃんと単位をとって、生徒に、ちゃんと教えるべきです。

「人間は、みな同じ脳の配線パターンをしていない」という事を。。。 大体、先生自体が、勉強不足で、ほとんど「無知」です。

なにも先生とは限らないが、せいぜい、血液型で人の性格を判断している低レベルの人間が居る、地球100周分くらい、世の中から遅れているアホが、日本には大量にいるのが現実です。

「無知は罪悪なり」という言葉がありますが、この言葉の意味を知らないアホは、死ぬまで一生同じなんでしょうね。

この様に、「精神疾患」を治療する必要のある人と、それを理解して、社会の中で、何とか生活できるように、少しでもカバーできる社会に成ってゆかないと、「いじめ」も「差別」も、なくならない様に思います。

関連記事
【書籍紹介】 他人を平気で振り回す迷惑な人たち
自己愛とは何か?  障害者殺傷事件 元職員は「自己愛性パーソナリティー障害」か
【書籍紹介】 岡田 尊司氏の著書3冊紹介します。 最新版「愛着障害の克服 「愛着アプローチ」で、人は変われる」

ルポライター鈴木 大介さん「貧困に喘ぐ人と「支援者」がすれ違う根本理由」の記事を読んで、支援の難しさについて
日本で、「引きこもり」の人が、全国に54万1千人いるという。。。。この状態はなぜ?

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*