講談社が、スマートフォンだけで自分の「電子書店」を開設できるプラットフォーム「じぶん書店」の事前登録を一般ユーザー向けに開始

4月20日、
講談社が、スマートフォンだけで自分の「電子書店」を開設できるプラットフォーム「じぶん書店」の事前登録を一般ユーザー向けに開始しました。 本オープンは5月15日に決定。

ちょっと、珍しいwebサービスなので紹介します。
読んだ書籍に、推薦コメントを書き込んでおけば、売れると、10%自分にマージンが入ってくるサービスです。 Amazonのアフェリエイトとは、ちょっと違いますが、なんだか面白そうですね。

本オープンまではユーザー登録、商品登録、コメント登録などの機能が利用できる。

Sponsored Links





じぶん書店は、講談社が展開する約3万2000点の「電子書籍」の中から任意のタイトルを選び、推薦コメントを入力すると、自分の電子書店を無料で開設できるサービス。

電子書籍が売れた場合、10%のアフィリエイトコインが書店運営ユーザーに振り出されます。このコインは電子書籍の購入や、書店に並べられる商品点数の拡張などに使えるほか、エクスチェンジサービスと連携しているので、他のポイントやマイルに替えることも可能です。
一般ユーザーだけでなく、プロの作家や編集者が開く公式書店もオープン予定です。
公式書店を開設予定の作家の方々を一部ご紹介します(作家名50音順)。
・『ピーチガール』 上田美和氏
・『沈黙の艦隊』『ジパング深蒼海流』 かわぐちかいじ氏
・『わたしに××しなさい!』 遠山えま氏
・『島耕作』シリーズ 弘兼憲史氏
・『逮捕しちゃうぞ』『ああっ女神さまっ』 藤島康介氏
・『いとしのムーコ』 みずしな孝之氏

・「じぶん書店」 登録サイト
https://www.jibunshoten.com/top

ーー関連記事ーー
楽天が、電子書籍の無料出版サービス「楽天Koboライティングライフ」を正式に開始
トゥ・ディファクトが、オンライン書店「honto」の電子書籍を閲覧するためのアプリ「hontoビューアアプリ」で、新たにMac版の提供を開始
アマゾンジャパンは、月額980円(税込)の電子書籍の読み放題サービス「Kindle Unlimited」の国内提供を開始
Amazonが、Windows PC上でKindle本を読むことができる無料アプリケーション「Kindle for PC」をリリース

Sponsored Links










コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*