Microsoftが、Windows 10対応の正常に機能しなくなった「Windows Update エラー」を修復してくれる「Windows Update トラブルシューティング」を公開しています。

Microsoftが、Windows 10対応の正常に機能しなくなった「Windows Update エラー」を修復してくれる「Windows Update トラブルシューティング」を公開しています。

Windows 7、8.1でも、この「Windows Update」でトラブルが多々発生していますが、Windows 10で、お困りの方は、ダメ元で、お試しあれ。
Sponsored Links




更新プログラムのインストール中に発生する問題として、一般的なエラー コードには
下記のようなものがあります。
0x80073712、0x800705B4、0x80004005、0x8024402F、0x80070002、0x80070643、0x80070003、0x8024200B、0x80070422、0x80070020

手順
本ツールはウィザード形式ですので、サポートサイト画面の案内に従って手順を進めていくだけで「Windows Update」のトラブルシューティングと修復が実施できます。

1.Windows Update トラブルシューティングをダウンロードし、ポップアップ ウィンドウの [開く] または、 [保存] を選択すると、トラブルシューティング ツールのダウンロードが完了した後に、ダウンロード先のフォルダーに移動し、latestwu.diagcab ファイルをダブルクリックしてトラブルシューティング ツールを実行する必要があります。

2.[次へ] を選択し、ウィザードの手順に従って Windows Update に関する問題を見つけ、修正します。

対象OS
Windows 7、8.1、10ですが、
Windows Update のトラブルは、「Windows 10」のみです。

・「Windows Update エラーを修正する」  サポートサイト
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/10164/fix-windows-update-errors


Sponsored Links










コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*