中国のPowerVisionが、水深30メートルまでの海水に潜れる水中ドローン「PowerRay」を日本で発売すると発表

5月16日、
中国のPowerVisionが、水深30メートルまでの海水に潜れる水中ドローン「PowerRay」を日本で発売すると発表しました。 6月上旬から出荷を開始。価格は16万8000円(税別)~

ちょっと値段は高価ですが、有線で、水中で動作するドローンは珍しいので紹介します。
Sponsored Links





iOS/Androidアプリで見ながら有線コントローラーで操縦できるのです。しかも、映像をVR(仮想現実)ゴーグルを使って視聴したりすることも可能です。

PowerRay本体 スペック
・サイズ:465*270*126mm、重量:~3.8kg

・最大操縦深度 :≤30m
・環境温度   :14℉~122℉(-10℃~50℃)

・最大前進速度 :3~4Kn(2m/s)
・最大上昇速度 :~0.78Kn(0.4m/s)
・最大下降速度 :~0.58Kn(0.3m/s)

・持続飛行時間 :高速1h/中速2h/低速4h
・耐電流性能  :3~4Kn(2m/s)
・バッテリー  :94.72Wh(6400mAh)

カメラ

価格
・基本セット(PowerRay探索版)が16万8000円(税別)
・PowerRay魚群探知版が、20万8000(税別)
・魚群探知ユニット、釣り餌投下機、VRグラスがセットになった一番高価格なモデルで21万8000円(税別)

PowerRay サイト
http://www.powervision.me/jp/html/pv/powerray.html

Sponsored Links










コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*