NECプラットフォームズが、「Aterm WG1200HS2」とコンパクトな普及モデル「Aterm WF1200CR」を発売すると発表

2017年6月1日、
NECプラットフォームズが、2ストリーム対応のWi-Fiホームルータ「Aterm」において、「Aterm WG1200HS2」とコンパクトな普及モデル「Aterm WF1200CR」を発売すると発表しました。 発売日は、6月8日(木)です。

最近の無線LANルーターは、本当に高機能です。 家庭に光回線を引いていて、スマホ、タブレットなどの端末を家に帰って、Wi-Fiに切り替えて、固定回線からインターネットに接続して、通信容量を節約したり、回線スピードを上げたりと、賢い使い方をしているユーザーさん向けのルーターですね。

Sponsored Links





1)「Aterm WG1200HS2」

予想価格は7,500円前後(税抜)。

新商品「Aterm WG1200HS2」は、2017年4月に発売した2ストリーム高機能モデル「Aterm WG1200HP2」に対し、「バンドステアリング」、「オートチャネルセレクト」機能を除いて、低価格で提供する商品です。

Wi-Fi端末の位置を検知し、それに向けて集中して電波を送信するビームフォーミング機能に対応することで、快適な高速通信が可能です。

ビームフォーミング技術を応用し、複数のWi-Fi端末との同時通信を可能にしたMU-MIMOに対応することで、複数の端末を同時に利用しても快適な高速通信が可能です。

「見えて安心ネット」により、ルータに接続中のWi-Fi端末の一覧、端末ごとの接続周波数帯や電波強度などの状態表示を、スマートフォンやタブレット等で確認できます。

2)「Aterm WF1200CR」

予想価格は4,500円前後(税抜)。

「Aterm WF1200CR」は、今まで、Atermシリーズにはなかったコンパクト&シンプルなラインアップです。 少人数で使用するなら、これで十分でしょうね。

Wi-Fi端末の位置を検知し、それに向けて集中して電波を送信するビームフォーミング機能に対応することで、快適な高速通信が可能です。

 

2ストリームモデルの比較

  項   目 発売済み商品 新商品
WG1200HP2 WG1200HS2  WF1200CR
無線LAN仕様 867Mbps(5GHz)+300Mbps(2.4GHz)
有線LAN仕様 1000Mbps×3 1000Mbps×3 100Mbps×1
バンドステアリング
オートチャネルセレクト ※1  ○ ※1
ビームフォーミング
MU-MIMO ※2
見えて安心ネット

※1 オートチャネルセレクト
動作は起動時のみ(WG1200HP2は動作中のチャネル切替対応)。

※2 MIMO「マイモ:マルチインプット、マルチアウトプット(多入力、多出力)」
IEEE802.11nから採用された無線通信技術で、一つのデータを複数に分けて、一度に複数のアンテナでデータを伝送するマルチパス(多重波伝送路)が出来る技術で、速度が上がります。

補足説明
2ストリームとは、ストリームは「通信経路」のことで、一つのデータを2個の送信アンテナで送って、2個の受信アンテナで受けたら、通信経路は2個で2ストリームとなります。

関連記事
インターネットが遅い、原因は何?。
第3回 不正侵入(ただ乗り)されないための無線LANのセキュリティ設定

バッファローが、「IEEE 802.11ac」、「ビームフォーミング」に対応した手のひらサイズのWi-Fiルーター「WCR-1166DS」を5月上旬より発売すると発表
今時の「無線LANルーター」、自分に合ったものを選ぶとしたら、何を基準に選んだら良いの?
アイ・オー・データが、電波が上下左右全方位に飛ぶ、電波の死角を作らない新技術「360コネクト」を搭載した無線LANルーター「WN-AX1167GR」を2月下旬に発売
Huawei社が、HDDを内蔵可能なホームサーバー機能搭載の無線LANルーター「honor cube」を国内向けに発売開始

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*