恵那バッテリー電装が、スマホアプリLINEを使ってバスの現在地を確認できるシステム「モークル」をリリース、8月より幼稚園の送迎バス向けにサービスを開始すると発表しました。

2017年8月、
恵那バッテリー電装株式会社が、スマートフォンの無料通話アプリLINEを使ってバスの現在地を確認できるシステム「MOQUL(モークル)」をリリースして、8月より幼稚園の送迎バス向けにサービスを開始しすると発表しました。

MOQUL(モークル)」とは、LINEchatbotを使用した、日本初のバス車両運行システムです。

これは、便利ではないでしょうか。

Sponsored Links





私の御客様で、札幌市内で、送迎をしている幼稚園が5園あるのですが、特に冬など、雪が降ると渋滞でが発生して、「送迎バス」が遅れます。 保護者からの問い合わせが幼稚園にあり、園では対応に追われ大変なことが多いです。そこで対策として、保護者に遅れているときは、電話ではなく、一斉「メール」で、バスの遅れをお知らせしています。

しかし、この「モークル」システムだと、保護者が、バスの運行状態を把握できますので、お知らせする必要もなく、園側としては、メールで連絡する必要もなく、ものすごく楽になります。

LINE トーク画面

モークル特長
・スマートフォンのLINEのトーク画面で、「今どこ?」をタップすると、バスの現在位置、速度、進行方向の情報がが2~3秒で返ってきます。返ってきた文字をタップすると、地図上に表示されます。

・操作がトーク画面で完結するので、利用者は操作を覚える必要がなく、LINEアプリでQRコード使い、利用登録をすれば簡単に使うことが可能です。

LINE BOT(ライン ボット)を採用することによって、従来の同様のシステムと比べ、メールの設定やアプリのインストールが不要ですので、導入敷居も大きく下げることができます。

料金

・モークル サイト
http://moqul.net/dorareco/

追記
Mail Distributor」は、無料の同報メールを管理、送信するフリーソフトです。

このアプリを使用すると、事前にメールアドレスを登録する必要がありますが、保護者に遅れているときは、電話ではなく、一斉「メール」で、路線毎に、あるグループ毎に、バスの遅れをメールで送信することが可能です。

これはこれで、事前に、保護者のメールアドレスを登録して、グループ設定をする必要がありますが、1人づつ、携帯に電話するよりはましです。

メール送信サーバーも、切り替えて複数使用できますので、トラブルで送信サーバーがダウンしていても、他の送信サーバーで送信することができます。

下記のサイトからダウンロードしてすぐ使えます。

・Mail Distributor サイト
http://www.woodensoldier.info/soft/md.htm


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*