【うわさ話程度】 Apple Watchに、データ通信回線が付く!!! こんな話が出ています。

「Apple Watch」に、データ通信回線が付く!!!  こんな話が出ていますが、本当でしょうか?

私が、「Apple Watch」を購入しなかった、最大の理由は、データ通信回線が付いていなかったからです。 「iPhone」のひも付きでは、端末としての意味が無いからです。

Sponsored Links





むしろ、「iPhone」に電話機能はいらないんです。

「Apple Watch」で通話ができれば、「iPhone」はデータ通信専用で、参照用の作業がでる端末として機能すればいいだけです。 「iPod Touch」にデータ通信回線が付いたような感じです。

でも、「iPhone」と「Apple Watch」2台所有すると、2枚、SIMが必要になりますので、本当は「Apple Watch」でテザリング機能が使えれば、SIMは1枚で済みますよね。

そうすると、まだ問題があります。 テザリング機能を使うと、バッテリーの消費が大きくなりますので、「Apple Watch」のバッテリー容量では足りないでしょう。ですので、バッテリー容量・消費の問題が解決しない限り、テザリング機能を使うのは無理でしょうね。

じゃ、一体、「Apple Watch」にデータ通信専用のSIMを入れてどうすんの?通常、考えられるのは、画面が小さいので、参照系、入力系の作業にも適さない。 「通話機能」しか使いようがないでしょう。時計と「通話」の機能だけ、ついていればいいんですが。。。。

この「帯に短し、襷に長し」の状態は、バッテリーの問題を解決しないと無理なんでしょうか。

Appleが、こんな中途半端な「Apple Watch」を作るだろうか。。。無理でしょう。


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*