Microsoftが、「Windows 10 Insider Preview」の最新版「Build 16273」を公開し、これに伴い、Surface LaptopのOS「Windows 10 S」をInsider向けに提供開始

2017年8月24日、
Microsoftが、「Windows 10 Insider Preview」の最新版「Build 16273」を公開し、これに伴い、「Surface Laptop」の新OS「Windows 10 S」をInsider向けに提供開始しました。

Sponsored Links





Windows 10 S」が、リリースされたことによる大きな変更が2つあります。

本当は、いくら文教向けと云っても、OSのバージョンをこのように増やすのではなく、隠しコマンドか何かで、Windows 10と10 Sを切り替えれるようにすれば、本当は、紛らわしくなくて、良い様な気もします。

※その前に、OS「Windows 10 S」とは?
国内で2017年7月20日発売された13.5型クラムシェルノート「Surface Laptop」に搭載されている文教向けのOSです。

要は、下記の様な機能制限が、OSにかけられています。
・Windowsストアのアプリのみしかインストールできない。
・既定のWebブラウザが「Edge」から変更できない。
セキュリティ重視の設計が特徴のOSです。
他には、
・「コマンド プロンプト」や「PowerShell」などの実行が制限されている。
・Windows Subsystem for Linux(WSL)が、利用できない。

1.Windows 10 Sをインストールして試すことが可能なOS

「Windows 10 Pro」、「Windows 10 Enterprise」が稼働しているPCに限られています。

機能制限の掛かったOSをわざわざ、「Windows 10 Pro」、「Windows 10 Enterprise」の動いているパソコンに入れたいと考えている方は、少ないと思いますが、とりあえず、テストすることの環境は提供しますよ。。という事です。

2.他のエディションと同様、「Windows 10 S」でも「Insider Preview」Buildを受け取れるようになっています。

「Windows 10 S」でも、「Windows 10 Insider Preview」を受け取れるのは、良いですね。

「Insider Preview」ビルドを受け取るには、
設定画面の「更新とセキュリティ」の「Windows Insider Program」セクションから「Windows Insider Program」へ参加すれば可能です。

「Windows Insider Program」 Blogサイト
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16273 for PC

関連記事
Microsoftが、「Windows 10 Technical Preview」の最新版「Build 16257」を公開。
Microsoftが、「Windows 10 Technical Preview」の最新版「Build 16237」を公開
Microsoftが、「Windows 10 Technical Preview」の最新版「Build 16226」を公開

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*