Googleが、VRヘッドセットで「Google Earth」を楽しめる「Google Earth VR」に「ストリートビュー」を対応したと発表

2017年9月14日(現地時間)、
Googleが、VRヘッドセットで「Google Earth」を楽しめる「Google Earth VR」に「ストリートビュー」を対応したと発表しました。

「Google Earth VR」は、2005年にGoogleが公開したバーチャルの地球儀を見ることができるソフト『Google Earth』のVR版で、2016年11月にリリースされました。

新しい「Google Earth VR」は、VRヘッドセット「HTC Vive」と「Oculus Rift」に対応しており、本日からダウンロード可能です。各地の名所を没入型の360°写真で楽しめます。


Sponsored Links





VRヘッドセット「HTC Vive」と「Oculus Rift」

ストリートビューに対応する場所に降りていくと、メニューに「Street View Available」と表示されるので、そのバブルに入ると360度のストリートビュー画像の中を見回せるようです。

専用ゴーグル「Oculus Rift」や「HTC Vive」を持っていなくても、DaydreamヘッドセットあるいはCardboardで「Googleストリートビュー」アプリをインストールした端末でVR版ストリートビューを見ることもできる。

・Google ストリートビュー サイト
https://www.google.com/streetview/apps/

『Google Earth VR』はHTC ViveとOculus Riftの両方で無料でリリースされています。
Steam ダウンロードページ
Oculus Store ダウンロードページ

Googleストリートビュー スマホアプリ
・Android版:
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.street&hl=ja

・iOS版  :
https://itunes.apple.com/jp/app/google-street-view/id904418768?mt=8

関連記事
Googleが、「Google Earth」のVR対応版「Google Earth VR」をアップデート
Googleが、「Google Earth」VRヘッドセット対応版の「Google Earth VR」を無償公開
Googleが、ビジネスユーザー向けソフト「Google Earth Pro」を無償化しました。


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*