10月7日(土)夜9時から放送した「衝撃スクープSP 30年目の真実~東京・埼玉連続幼女誘拐殺人犯 ~宮崎勤の肉声~」(フジテレビ系)を観てしまいましたがちょっと感想を

10月7日(土)夜9時から放送した「衝撃スクープSP 30年目の真実~東京・埼玉連続幼女誘拐殺人犯 ~宮崎勤の肉声~」(フジテレビ系)を観てしまいましたが、ちょっと感想を。

再現ドラマの中で、最後、私たちと同じ「普通の人間だった」ような言い回しになっているのが、非常に気になりました。

明らかに、完全に狂っていれば、良かったのか。。。。人間の「脳」の異常さとは、ある個所がおかしいだけで、何が正常で、何が異常か。。。。そんなに簡単ではないでしょう。

「普通の人間だった」事に、そんなに意外性が、あるはずがないのです。

人間として生まれ、親に養育され、学校で教育され「社会性」が身ついて、普通の人間が絶対にしてはいけない事を「やってしまう」超えてしまう「情動」の変化は、何が正常なのか、何が異常かです。

「異常者」と「正常者」の区別なんて、ほんのわずかな部分でしかないのです。

もう一つ、異常なら、全部が異常か。。。そうではないように思います。
人間の脳は、無意識に行動している部分が沢山ありますので、意識下の異常なのか?、無意識下の異常なのか?

普通の人間の部分(意識)と、ある一部の脳が異常をきたしている場合が十分あり、ここが正常だから、他も異常はないはず。。。という考え方は、当てはまらないのではないかと考えます。「他は、普通なのに、なぜ異常なことをするのか?」という考え方自体が、おかしいように思います。

例えば、「認知症」になって、どんなに「ボケ」ても、「自尊心」と「プライド」だけは、ちゃんと持っています。 これだって、なんで、ボケているのに、「自尊心」と「プライド」だけは持っている事を説明できますか?

もう一つ、取り調べで会話している時の再現ビデオを観ていて感じたのは、犯行時の当事者意識がまるで欠如している。 どうしてか?

良心の呵責」が感じ取れなければ、何か重大な、絶対やってはいけないような残忍な行為をしても、「自分は悪い事をしてしまった、とんでもない事をしてしまった」という思いがわいてこないのでしょう。ここが普通の人には理解できない所でもあり、ここだけが異常と云われれるところです。

だから、至って冷静にかつ淡々と自らの犯行を語っていたように思います。しかし、自分が捕まりたくないと思うのは心は当たり前で、この部分は至って普通なのです。でも、ここが理解できない点です。

サイコパス(反社会性人格障害)を装っていた可能性もあると言われていますが、まさしくサイコパスの「症状」によく似ていると思うのですが。。。

普通に人間社会の中で、生活していて、他人の痛みは感じ取れないが、「ヤバい、自分が捕まる」と自分の危険・痛みを感じ取れる部分は、普通に持ち合わせているのです。

「サイコパス」は、非常に知能が高くて、狡猾な人間のように思われがちですが、そうではないサイコパスも沢山いるのです。 「知能の高くない」、自分の身の危険を察知することが鈍い、すぐ捕まってしまうサイコパスも居るのです。

捕まるという「危険」を察知する能力が、同じ「サイコパス」でも違うのです。 危険を鋭く察知できる「サイコパス」、例えば、「シリアルキラー(連続殺人鬼)」などは、なかなか捕まらないのはそのせいです。

犯人は捕まってから、「脳」のCTまで撮ったようですが、CTで異常が見つかる場合もあります。それは、情動を司る脳の部分に「癌」などがある場合です。その結果、「小児性愛(ペドフィリア)」が発生してしまう場合も医学的には実際にありますが、しかし、それも無かったのでしょう。

人間は、生まれてから「社会に飼いならされた動物」だと思うしかないのです。

その中に、「飼いならされない」、「飼いならされることのない」、「飼いならされることに失敗した」脳をもった人間もいると云うことだけです。

そして、見分けることが、非常に難しいだけです。 脳の配線は、誰も治せません。

何故なら、普段は、普通で、異常が無くても、何かのはずみで、激しい「情動」を脳の仕組みの中で、自ら抑え込むことが困難な状態になっている事など、誰が分るのでしょうか?

普通の人は、「怖い」というが、心の中に、人間みんな持ち合わせている感情です。
人間は「おばけ」より、はるかに「怖い」という事を自分自身も含めて感じることです。

この世に、「神」も「悪魔」も存在しないが、「悪魔」のような「脳」を持った人間は確かに居るのです。

参考記事
東京・埼玉の連続幼女殺人 元死刑囚はサイコパスを装っていた可能性も
幼女を連続で誘拐し殺害 元死刑囚の供述が判明「犯人を仕立てたかった」
宮崎元死刑囚 浮かぶ狡猾さ 「偽装で頭いっぱい」「自分かわいかった」 幼女連続誘拐殺人事件

関連記事
パーソナリティー(人格)障害(PD)って、どんな障害?
【書籍紹介】「暴力の解剖学」 貴方の近くにも「脳」が機能不全を起こしている「怪物」が潜んでいないとは限らない。

自己愛とは何か?  障害者殺傷事件 元職員は「自己愛性パーソナリティー障害」か
「酒鬼薔薇聖斗」こと、「元少年A」という名で18年前の神戸連続児童殺傷事件を起こした犯人が手記『絶歌』を出版

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*