Microsoftが、「Windows 10」の年2回の大型アップデート「Fall Creators Update(ver1709)」をリリース

2017年10月17日、
Microsoftが、「Windows 10」の年2回の大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update(ver1709)」の提供を開始しました。

今回で、4回目となる大型アップデートですが、今まで通リ「Windows 10」をデスクトップ機で使用しているユーザーにとって、はっきり言って、いい迷惑なアップデートです。

何故なら、タッチパネルも無く、持ち運んで使用する訳でもないデスクトップ機用の新機能はほんの微々たるもんで、その機能のほとんどは、サーフェースなどの2イン1用のタブレットにもなるパソコン用です。

唯一、アップデートで歓迎する機能は、セキュリティー機能で、「Windows Defender」が強化されています。 私は、「Windows 10」になってから、サードパーティのセキュリティソフトなどは、わざわざインストールしていません。「Windows Defender」で十分です。


Sponsored Links




早速、アップデートなどしたくない方も居るでしょうが、配信対象(いつになるかは分からないが。。。)となるまでしばらく待つ必要があります。

1.手動でアップデートするには

待ちきれない方は、上級ユーザー向けとして、手動でアップデートも可能です。

・上記の「Windows 10」ダウンロードサイトより可能です。
https://www.microsoft.com/en-us/software-download/windows10

手順
1)「今すぐアップデート」ボタンをクリック
プログラムが「Windows 10」のバージョンをチェックする。そして、新しいバージョンが確認できれば、「今すぐ更新」が表示されるのでこれをクリックする。

2)プログラムがPCのCPU、メモリ、ディスク容量をチェック
問題がなければ「次へ」が表示されるので、これをクリックする。

3)更新プログラムのダウンロードと適用の準備がスタートする。
更新準備完了後、約30分で再起動がかかります。

再起動が終了すれば更新は完了です。

ドライバーが、ぶっ飛んでいる場合が有りますので、ネットワーク用のドライバーだけは、予めバックアップを取っておいて、実施した方が良いですね。 ネットに繋がらなければ、ドライバーもダウンロードできませんので注意して下さい。

Windows 10 Fall Creators Update(ver1709)」をブロックするツールがリリースされていれば、後で紹介します。

2.新機能について

1)「基本機能の向上」

・OneDriveでは「Files On-Demand」が復活
・ランサムウエア対策
・Eye Controlをサポート

・スマホとの連携
iPhoneやAndroidデバイスといったスマートフォンとWindows 10の間でWebページやメールの作成、アプリの利用を継続する機能の導入

・「あなたのPeople(People Hub)」
よくアクセスする相手をタスクバー上に「ピン留め」しておくことで、必要に応じてすぐに連絡できる仕組み

2)「フォト」
写真を整理・保管するためのアプリだが、新機能として「ビデオの編集」と「検索」の2つが追加された。

3)「Microsoft Edge」 
・iPhone版やAndroid版のリリース。
・フルスクリーンモード。
・タスクバーへのwebサイトのピン留め。

4)Windows MR(Mixed Realty:複合現実)の導入
今回提供されるWindows MR(複合現実)は、HoloLensのようなAR(拡張現実)寄りの技術ではなく、VR(仮想現実)寄りの技術となる。
これまで、ハイスペックのマシンが必要だったPC向けVR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)をOSレベルでサポートし、PC本体の要求スペックとHMDの価格を下げることで、より幅広いユーザーが導入しやすくなることが大きな目的になります。

※Windows MRを楽しむための3つのサービス(アプリ)を用意。
・MRへの入口となる「Mixed Realityポータル」
・HMDなしでも、MRコンテンツを楽しむための「Mixed Realityビューアー」
・3Dコンテンツを作るための「ペイント3D」だ。

5)WindowsでLinuxを実行する機能「Windows Subsystem for Linux (WSL)」が導入
WSLとは、Windowsの中でUbuntu Linuxを動作させるものです。コマンドラインからUbuntu Linuxのシェルであるbashを起動する

6)セキュリティが強化された「Windows Defender」
「Windows Defenderセキュリティセンター」

7)「EMET」の機能を統合
無償のツールとして提供されてきた「脆弱性緩和ツール(EMET:Enhanced Mitigation Experience Toolkit)」がWindows 10の標準機能(Windows Defender Exploit Guard)として統合された。

EMETは、「Windows Defenderセキュリティセンター」からGUIによる設定が可能で、「アプリとブラウザーコントロール」にある「Exploit Protection」から、システムおよびプログラムごとの設定が可能(システム保護系の機能は標準ですべてオンになっています)。

追記> 2017年10月19日
「トレンドマイクロ」のセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスタークラウド」をインストールしている環境で、「Windows 10 Fall Creators Update」へのアップデートを行うと、ブルースクリーン(BSoD:Blue Screen of Death)が表示される不具合が発生して、PCが正常に起動しなくなるという。

ウイルスバスタークラウドのユーザーへ向け、自動更新される修正ビルドを2017年10月20日付で配布予定です。
Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*