ソニーが、ウォークマンのエントリーシリーズとなる「S310シリーズ」を発売

2017年9月9日、
ソニーが、ウォークマンのエントリーシリーズとなる「S310シリーズ」を発売しました。

このモデルは、「おチビちゃん」用ですが。。。決して、あなどれませんよ。

動画再生や写真表示機能は削減されましたが、音楽再生機能と音質、デジタルノイズキャンセリングなどの機能はそのままです。

Sponsored Links





大きさ:94.6×44.3×9.9mm(縦×横×厚さ)、重量:約53g。

スペック
・画面:1.7型/120×160ドットのTFTカラー液晶。

・再生対応音楽ファイル
MP3/WMA/FLAC/WAV/AACで、FLAC/WAVは48kHz/16bitまでサポート。
S10シリーズで対応していた、Apple LosslessやHE-AAC、ATRAC/ATRAC Advanced Losslessは省略。

・デジタルノイズキャンセリング機能を搭載し、NC効果を電車・バス/航空機/室内から選択できます。
・語学学習機能 :A-Bリピートとクイックリプレイを備えています。
・Bluetooth 2.1+EDRに対応し、A2DP、AVRCPプロファイルをサポート。
・コーデックはSBCのみ。
・FMチューナーやダイレクトエンコーディングを装備。
付属イヤホンはノイズキャンセリング対応の「DR-NC31」。

・バッテリー持続時間
52時間(MP3 128kbps、NC OFF)/約40時間(NC ON)。

従来品のS10シリーズとの比較
・ディスプレイの小型化
・対応フォーマットが減り
・BluetoothもaptXコーデックが省略
・VPTやDSEE、ClearAudio+などの独自の高音質化機能も省かれ
・バッテリー駆動時間も短縮

店頭予想価格
・内蔵メモリ4GBの「NW-S313」が12,000円前後。
・内蔵メモリ16GBの「NW-S315」が16,000円前後。
スタンド兼用スピーカーのセットモデル
・内蔵メモリ4GBの「NW-S313K」が15,000円前後。
・内蔵メモリ16GBの「NW-S315K」が19,000円前後。

・商品サイト
http://www.sony.jp/walkman/products/NW-S310_series/index.html

関連記事
Sony Mobileの新型Bluetoothヘッドセット「SBH54」が、日本でも購入できるようになったようです。
ソニーが、新型ウォークマン「NW-A30」シリーズを発売
サンコーが、HDD/SSDを内蔵ドライブとしてセットできるメディアプレーヤーを発売
Apple Storeが、「AirPods」で採用された「W1」プロセッサを採用したワイヤレスイヤフォン「BeatsX」を販売開始


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*