Microsoftが、PC版「Windows 10 Insider Preview」Build 17025のISOイメージファイルを公開

2017年11月8日、
Microsoftが、PC版「Windows 10 Insider Preview」 Build 17025のISOイメージファイルを公開しました。

今回、初めて次期機能アップデート「RS4」のISOイメージファイルが公開です。

Microsoft社は、「Windows 10」になってから、大規模なアップデートを春と秋に年2回、実施するようになりました。 そうです「Windows 10 Insider Preview」版で、少しづつ改良を加えなが、完成版と言うより、常に、ベータ版みたいなものです。

その改良も、デスクトップで使用している分には、セキュリティ部分くらいで、後は、タッチパネルの「タブレットPC」で使う機能がほとんどですので、アップデートがうっとうしく思えることがあります。

Sponsored Links




皆さん、Microsoft社のサイトから、「Windows 10」をタダで入手できる方法が、まだ、2つ有るのをご存知でしょうか?

1つ目は、「Windows Insider Program」に参加すれば、それこそ、常に、最新版のWindows10を期限は、定かではありませんが、今のところ、無料で使うことが可能です。

この方法は、現在のOSが、XP、Vistaであっても可能ですが、性能の低い(CPU、メモリ)パソコンでは、ちょっと、無理でしょう。
関連記事
Windows XP、Vistaから、Windows 7、8 、10にOSを入れ替える時に、どちらにするか? 検討してみましょう。

2つ目は、「Windows10」の無償アップデートは、2016年7月29日までの1年間でしたが、障がい者向け支援技術製品の利用者を対象とした「Windows 10」への無償アップグレードが、現在、可能になっています。ただし、これは、2017年12月31日に終了予定だそうです。

Windows7以上で、無償アップデートをしそこなった方は、まだ諦めなくても良いのではと思います。

vista以前の方は、無償アップデートできませんので、「Windows Insider Program」に参加して、今回紹介するISOイメージファイルをダウンロードして、パソコンにクリーンインストールすれば、全部、無料で、最新の「Windows10」をいつまで使えるかわかりませんが、使えるでしょう。

マシンの性能的には、「Windows vista」が、そこそこ動いて居たマシンなら大丈夫でしょう。後は、メモリを3GB以上に増設できれば、「Windows vista」よりちゃんと動くでしょう。

Windows Insider Preview Downloads
https://www.microsoft.com/en-us/software-download/windowsinsiderpreviewadvanced

関連記事
「Windows 10」の無償アップグレード権だけを確保して、期限後に「Windows 10」に無償移行する方法?

「Windows 10」は、プレビュー版のISOファイルからインストールしたものでも無料アップグレードが可能?

非常に、興味深い記事が掲載されていましたので紹介します。 「Microsoft以外のウイルス対策ソフトは害悪なので入れるべきではない」とMozillaの元開発者が告白

Microsoft社が、「Windows 10」は、2025年までサポートされることを明らかにしました。


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*