スキャンの際に50種類以上のアンチウィルスエンジンを使用して、疑わしいファイルや URL を分析する無料のWEBサービス「VirusTotal」を紹介

スキャンの際に60種類以上のアンチウィルスエンジンを使用して、疑わしいファイルや URL を分析する無料のWEBサービス「VirusTotal」を紹介します。

ファイルやURLをタブで選択して、入力すると、ウイルス、ワーム、トロイの木馬、あらゆる種類のマルウェアを素早く検出できます。

Sponsored Links






※一度に検査できるのは、一つのファイルだけです。ファイルサイズの上限は64MB。

注意事項
「VirusTotal」 は、 2012年9月7日、Google  により Hispasec から買収された経緯があります。 ですので、怪しいWEBサービスではないのですが、利用するユーザーが、チエックしたい一心で、機密情報のは入ったファイルまで、アップロードしてしまう為、取り扱いに注意が必要です。

・ファイルをアップロードする場合、顧客とのやり取りなど「機密情報」を含むものは避けること。Outlookなどのメールソフトからエクスポートした「.msg」「.eml」形式のファイルなど。

・Virus Totalでスキャンするファイルは、他のユーザーの目に触れる危険があります。
アップロードするファイルの情報が他人と共有されてしまうことを認識する必要がある。

ちょっと、自身のWEBサイトのURLを入力して、チェックした結果です。
すでに分析済になっていました。 誰がチェックしたのか。。。?

・「VirusTotal」サイト
https://www.virustotal.com/ja/


Sponsored Links




関連記事
Windows用のフリーのセキュリティ対策(アンチウイルス)ソフトまとめ
AVAST Software s.r.o.が、セキュリティソフト「Avast」最新版v17.7.2314をリリース

IPAが、Windowsの使用しているソフトウェアが最新の状態か否かを確認することができるツール「MyJVN バージョンチェッカ」の最新版を公開

Kaspersky Labが、無償のアンチウイルス対策ソフト「Kaspersky Free」を全世界ユーザーに提供すると発表

Microsoft社の無料アンチウイルスソフトウェア「Microsoft Security Essentials」を装う新マルウェア「Hicurdismos」が登場して、同社が警告を出しています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*