「Windows 10」無償アップグレード(条件付き)は、2017年12月31日で終了します。

「Windows 10」無償アップグレードは、2016年7月29日に終了しました。しかし、障碍者向け支援技術製品を利用しているユーザーは、引き続き無償でアップグレード可能でしたが、いよいよ、2017年12月31日で終了します。

もし、支援技術を利用していて、ぐずぐずと、Windows 7/8.1を使い続けているユーザーは、最後のチャンスですので、今年中にアップグレードすることを強くお勧めします。

Sponsored Links





補足
・Windows 7 :2020年1月14日で延長サポート終了
・Office2010 :2020年10月13日で延長サポート終了

・障碍者向け支援技術製品をご利用のお客様向け Windows 10 アップグレードについて
https://www.microsoft.com/ja-jp/enable/windows10upgrade.aspx

・支援技術をご利用のお客様は、無償で Windows 10 にアップグレードすることができます。
https://www.microsoft.com/ja-jp/Accessibility/windows10upgrade


Sponsored Links




関連記事
Microsoftが、障がい者向けの支援技術を利用するユーザー向けに、「Windows 10 S」から「Windows 10 Pro」への切り替えを無償で行えるようにすることを公式ブログで発表

「Windows 10」の無償アップグレード権だけを確保して、期限後に「Windows 10」に無償移行する方法?
Microsoft社が、「Windows 10」は、2025年までサポートされることを明らかにしました。

7、8の顧客に1年間無償で提供されて、Windows 10で終わりと云われているが、10の更新プログラムが、この先、無償で提供されるのか?

「Windows 10」は、プレビュー版のISOファイルからインストールしたものでも無料アップグレードが可能?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*