Microsoftが、Officeデスクトップ用の更新されたバージョン1711(Build 8730.2122)を44言語でリリース

2017年12月7日、
Microsoftが、Officeデスクトップ用の更新されたバージョン1711(Build 8730.2122)を44言語でリリースしました。

Windowsデスクトップ用Office 365 のリリース情報で、「Office 365」のユーザーであれば、無償でアップデートできます。

PowerPoint 2016 for Windows の機能強化

・プレゼンテーションをビデオに書き出す際、Ultra HD(4K)形式で保存できます。

・Surface 10の「Windows 10 Fall Creators Update」を適用されたした Surfaceユーザーであれば、 Surfaceペン 、またはBluetoothボタン付きの他のペンを使用して、 PowerPointでスライドを進めることができます。

・Office International Blog  Microsoft サイト
https://techcommunity.microsoft.com/t5/Office-International-Blog/Office-365-for-Windows-Desktop-December-2017-Release-details/ba-p/135994

追記
Windows 10 バージョン1703(Creators Update)で、新たにWindows 10上で3Dモデルの作成ができる「ペイント3D」をリリースしていますが、最新のWindows 10とOffice 365を組み合わせることで、Word/Excel/PowerPoint上で3Dモデルの挿入が可能になります。

この機能を「PowerPoint」で使用すれば、より効果的なアピールが可能になりますので、使用してみるのも良いでしょう。


Sponsored Links




関連記事
Microsoft 「Windows Essentials 2012」 スイートのサポートは 2017 年 1 月 10 日 に終了です。
Microsoftが、 Officeファミリーの新プレゼンアプリ「Sway」を一般公開
Access 2013 の新機能とAccess 2013 で廃止、変更された機能とバージョンアップの必要性について

Microsoft社が、「Evernote」から「Microsoft OneNote」へのデータインポートツールをリリース

Microsoft社が、Officeアプリは「iPad Pro」では無償利用できないとセコイ事をしてきたが、「iPad Pro」と「Surface Pro 3」仕事などシーンで使用するならどっち?

Microsoftが、録音機能を追加したWindows 10向けの「OneNote」アプリの最新版を公開

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください