アメリカ航空宇宙局(NASA)が、3D地球儀アプリ「Web WorldWind」v0.9.0を「GitHub」で無償公開

2017年12月5日(現地時間)、
アメリカ航空宇宙局(NASA)が、3D地球儀アプリ「Web WorldWind」v0.9.0を「GitHub」で無償公開しました。

WorldWindは、NASAが欧州宇宙機関(ESA)の協力を得て開発した仮想世界のための無料のオープンソースのJavaScript APIです。

WorldWindを使用すると、開発者は3D地球、地図、地理情報のインタラクティブな視覚化をすばやく簡単に作成できます。 世界中の組織では、気象パターンを監視し、都市と地形を視覚化し、車両の動きを追跡し、地理空間データを分析し、地球について人々に教育するためにWorldWindを使用しています。

対応ブラウザ

  • Google Chrome 61.0(Android版を含む)
  • Mozilla Firefox 56.0
  • Apple Safari 11.0(iOS版を含む)
  • Microsoft Edge 40.0
  • Microsoft Internet Explorer 11

・Web World Wind  サイト
https://forum.worldwindcentral.com/forum/web-world-wind/web-world-wind-help/158071-web-worldwind-v0-9-0-now-available

・「World Wind Explorer」サイトで体験できます。
http://explorer.worldwind.earth/

Sponsored Links





関連記事
アメリカ航空宇宙局(NASA)が、太陽系に類似し、生命存在の可能性がある、恒星「TRAPPIST-1」の周りを公転する7つの惑星を含む惑星系の存在を発表

米航空宇宙局(NASA)が、火星のインタラクティヴマップ「Mars Trek(マーズトレック)」を公開

国立天文台 4次元デジタル宇宙プロジェクトが、Mitaka Ver1.4.2とVR対応版 Mitaka for VR Ver1.4.2 を公開

Googleが、「Google マップ」に金星や冥王星など12の惑星と衛星を追加したことを明らかにした

ご苦労様。。。そして「さよならカッシーニ」

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.