The Apache Software Foundationが、オープンソースのオフィス統合環境「Apache OpenOffice」v4.1.5を公開

2017年12月30日、
The Apache Software Foundationが、オープンソースのオフィス統合環境「Apache OpenOffice」v4.1.5を公開しました。

今回のバージョンは、リグレッションの修正にフォーカスしたメンテナンスアップデートとなっています。


Sponsored Links




問題点の修正
・Calcドキュメントを保存すると、ダイアグラムが破損する(検索できない)。
・問題127568の修正により、Baseに新しいバグが作成されました。
・すべてのコンテンツをコピーした後にライターがクラッシュする。
・英語の辞書をバージョン2017.11.01に更新。

補足説明
2011年6月に、「OpenOffice.org」は、「Oracle」から「Apache Software Foundation」に寄贈され、「Apache OpenOffice」と改名されました。

そして、もう一つ、OpenOffice.org開発コミュニティーの主要メンバーが設立したThe Document Foundationにより開発されている「LibreOffice」があります。

また、「Apache OpenOffice 4.0」では、OpenOffice.orgの派生版としてIBMが開発してきた「Lotus Symphony」の機能を統合しています。

「Apache OpenOffice」プロジェクトは、人員不足で継続が危ぶまれていたが、当面の危機は避けられた模様です。

アプリケーションの構成
OpenOfficeは、「LibreOffice」とほぼ同じ構成です。
・Writer:ワードプロセッサ
・Calc:スプレッドシート
・Impres:プレゼンテーション
・Draw:ドローソフト、Math:数式エディタを含みます
・Base:データベース管理プログラム。

対応OS
Windows XP/Server 2003/Vista/7/8/Server 2012/8.1/10
Mac
Linux

・Apache OpenOffice サイト
http://www.openoffice.org/

関連記事
The Apache Software Foundationが、オープンソースのオフィススイート「Apache OpenOffice」v4.1.2を公開

フリーのオフィススイート「SoftMaker FreeOffice」についてです お初です。
The Document Foundationが、オープンソースのオフィススイート最新版「LibreOffice」v5.2を公開
フリーのデータベースソフト「Base(ベース)」についてとデータベースアプリを作成するには。。。
無料(フリー)のオフィスソフトは、どれが使える?


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください