Krita財団が、OS X/macOSをサポートしたペイントソフト「Krita」の安定版v3.3.3をリリース

2018年01月13日、
Krita財団が、OS X/macOSをサポートしたペイントソフト「Krita」の安定版v3.3.3をリリースしました。

Krita 3シリーズでの最後の安定版で、メインはバグフィックスとなっています。

修正・機能改善

  • RGB画像でグレースケールレイヤーを使用している時に選択できない合成モードがあった問題を修正。
  • WindowsのKritaからバグを報告する際にOSとプラットホーム情報を自動で設定可能に。
  • 特定色選択ドッキングパネルでパーセント形式での色指定を可能に。
  • IntelのGPUを使用している場合に、OpenGLの警告を行いANGLEをデフォルトにするように変更。
  • レベルフィルタに反転ボタンを追加。
  • PSDからグループレイヤーのスタイルの読み込みと保存を実装
  • ブラシツールに戻った時に消しゴムモードが正しく表示されないことがある問題を修正。
  • 個々の補助線の可視状態を.kraファイルに保存するように修正。
  • 定規メモリを2の乗数で描画するオプションを追加。
  • 移動、変形ツールの時の自動スクロールを無効に変更。
  • ペンとWindow Ink API使用時のマウスイベント処理方法を改善。
  • ズームジェスチャの中心ポイントを修正。
  • コメント付きnetpbmファイルの読み込みを修正。

対応OS
Windows版は、USBメモリに入れて使えるポータブル版もあります。
・Windows Vista以降(64bit版を含む)
・Mac
・Linux

・Krita サイト :https://krita.org/jp/

関連記事
Krita財団が、OS X/macOSをサポートしたペイントソフト「Krita」の最新版v3.2.0をリリース
Krita財団が、OS X/macOSを正式にサポートしたペイントソフト「Krita」の最新版v3.1.2をリリース
Krita財団が、OS X/macOSを正式にサポートしたペイントソフト「Krita」の最新版v3.1をリリース
ペイントソフトなど、画像処理ができるフリーソフト まとめ。


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*