Microsoftが、iPhone版ブラウザ『Microsoft Edge』を日本でも公開しました。

2018年2月22日
Microsoftが、iPhone版ブラウザ『Microsoft Edge』を日本でも公開しました。

Microsoftは、2017年11月30日、Windows10用のブラウザ「Edge」をiOSデバイスとAndroidデバイス向けに配信を正式に開始したが、日本ではリリースされていませんでした。

早速、「iPhone 6 Plus」にダウンロードして使ってみました。

MicrosoftのiOS版のメールアプリ「Microsoft Outlook」は最高の出来で、私の「iPhone 6 Plus」で欠かすことのできないアプリになっていますが、ブラウザ「Edge」はどうでしょうか?

パソコンと同期を取って使うには、機能的に便利ですが、そのつもりのない人には、普通ですね。 しばらく、馴染むまで使ってみる価値はあります。 特に「Windows 10」を使っている方には、便利ではないでしょうか。

Sponsored Links





機能
・Windows 10 ユーザーはどのデバイスでも同じブラウザ環境から、シームレスにコンテンツやデータにアクセスすることができます。

・コンテンツとデータがバックグラウンドでシームレスに同期されるため、ユーザーはどのデバイスでもスムーズに閲覧できます。

・ハブのような Microsoft Edge でも使い慣れた機能を使用すると、ユーザーは Web をすばやく整理することができ、移動中のコンテンツの検索、表示、管理が容易になります。

・Microsoft Edge は、Windows 10 ユーザーがどのようなニーズを抱え、どのようなロケーションにいても、フローを妨げることなく Web を閲覧できるように設計されています。

・PC で続きを楽しむ:
モバイル デバイスと PC 間でコンテンツをシームレスに利用可能なので、どこからでも中断した場所から閲覧を再開できます (Windows 10 Fall Creator Update が必要)。

・Data Sync:
お気に入り、パスワード、およびリーディング リストがデバイス間で同期されるため、どのデバイスを利用しても、ブラウザーは常にユーザーに合わせて同じ環境にカスタマイズされます。

・ハブの表示:
お気に入り、リーディング リスト、履歴、および書籍をすべて一か所にまとめることで、コンテンツの検索と管理が簡単に行えます。

・QR コード リーダー:
ボタンを押すだけで、簡単に QR コードを読み込むことができます。Microsoft Edge はQRコードから読み込んだデータやリンク先の情報を画面に表示します。

・音声検索:
声で Web 検索できるようになりました。質問したり簡単な命令をしたりすることで、Web をより自然かつ慣れ親しんだ方法で使用できます。

・InPrivate:
InPrivate モードで閲覧すると、閲覧データ (履歴、一時的なインターネット ファイル、Cookies など) は、閲覧後 PC に保存されません。

・Microsoft Edge ダウンロード  App Storeプレビュー サイト
https://itunes.apple.com/jp/app/microsoft-edge/id1288723196


Sponsored Links




関連記事
Adobe、Google、Microsoft3社のiOS/Android向けの便利なスキャナーアプリを3本紹介します。
Adobeが、iOS/Android対応のドキュメントスキャナーアプリ「Adobe Scan」をニューリリース
Googleが、iOS、Android端末向けの「ストリートビュー」アプリをリリース
Googleが、iOS版のメールアプリ「Gmail」とカレンダーアプリ「Googleカレンダー」のアップデートを発表
Googleが、リアルタイム カメラ翻訳機能を追加した「Google翻訳」アプリをリリース
iPhone 6 Plusでも片手で操作できる! 無料のiPhone、iPad ニュースアプリ「Newsdaily」を紹介。 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください