Microsoftが、iOS、Android、Amazon Fire向け「Microsoft Translator」アプリで、オフラインでもニューラル機械翻訳(NMT)機能が利用できるようになったと発表

2018年4月18日(現地時間)、
Microsoftが、iOS、Android、Amazon Fire向け「Microsoft Translator」アプリで、オフラインでもニューラル機械翻訳(NMT)機能が利用できるようになったと発表しました。

今回は、AIチップを持たないiOS、Android、Amazon Fire端末でも利用可能となりました。

オフライン翻訳
あらかじめ使用する言語のオフライン言語パックをダウンロードして使用可能となるもの。
今回のオフライン言語パックにニューラルネットワーク技術がされたことで、従来の言語パックと比較して、23%翻訳精度が向上し、ファイル容量は約50%程度の削減を実現しています。

オフラインパック対応言語
アラビア語、中国語(簡体字)、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語。

対応OS
・Windows、Android、iOS、Amazon Fire

・Translator for Microsoft Edge(Edgeの拡張機能)
・Translator for Outlook add-In(Outlookのアドイン)
・Presentation Translator, a Microsoft Garage project

・「Microsoft Translator」 サイト
https://www.microsoft.com/ja-jp/atlife/campaign/translator/default.aspx

https://translator.microsoft.com/apps/


Sponsored Links




関連記事
Microsoftが、Microsoft Translator と Skype 翻訳で、AIを活用した日本語をテキスト翻訳、音声翻訳の双方が可能なサポート言語として追加

Microsoftが、Android版 翻訳アプリ「Microsoft Translator」をリリース

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください