「Apple Store 新宿」がオープンしました。これは、Appleの戦略ですが、好ましい戦略だと思う理由。

「Apple Store 新宿」がオープンしました。これは、Appleの戦略ですが、好ましい戦略だと思う理由。

・札幌に、「Apple Store」を再オープンしてほしいと願う記事です。
年内に新しいApple Storeを2店舗オープン!?ぜひ札幌にオープンして欲しい件!!

Sponsored Links




1.本人は決して自覚していないが、時代から取り残された人たちが大勢いる

よく、「パソコンも使いこなせない」という言い方をしますが、よく観察すると、こういう輩は、ほぼ、Googleなどの「検索エンジン」を使いこなせないのです。

パソコン、スマートフォンの(テクニカルな情報)分からないことなどは、ほぼ、ネットを検索すれば、調べがつくのですが、「検索エンジン」を使いこなせていない。

なぜ、検索エンジンを使いこなせていない?

分からない時、検索エンジンに入力する「キーワード」が入力できない、分からないのです。だから、使えないのです。 固有名詞などの1ワード(単語)は入れるが、絞り込むための言葉を知らない。

Googleなどの「検索エンジン」が使える様になって、何年経つと思っているか? 知能が著しく低いわけでもないのに、本人は決して自覚していないが「時代から取り残された人たちが大勢いる」のです。

バカは、こう言う「検索エンジンに頼ってばかりいてもねー」と、「頼るほど使いこなしいないだろう。。。」と言いたくなる。

こんな奴らは、人工知能が、どんなに発達しても、質問する言葉は1つ「私、どうしたらいいの?」でしょうね。 どんな優秀な人工知能が完成したとしても、歯が立たないのです。

こんな奴らが、多勢に無勢で存在しているのです。 だから、Googleも検索エンジンのコマーシャルを流している。

「Apple Store」に尋ねてくるユーザーは、まだ、意欲的です。

「パソコンもスマートフォンも使いこなせない」という意味は、何に使おうが勝手だが、せっかく、高い利用料金を毎月支払って所有しているのに、「バカ動画」、「バカゲーム」など小学生が使う「オモチャ」としてしか使う用途が無い、使い方しかできない奴の事です。

物を売る側の立場でいえば、バカやアホでも、買ってもらえば儲かるでしょうが、「一生、ガラケーで十分でしょう」という奴にまで、わざわざ、スマホにして高い料金を支払う必要が無いでしょうという意味です。

2.さすが、「Apple」です。 こんな場所を提供するのは、Appleだけです。

札幌に、「Apple Store」があったころは、何か買う予定が無くても、よく行っていました。

いつ行っても「迷える子ブタ」が、大勢いて、予約を取らないと、店に行っても、すぐに対応してくれない状態でした(これもちょっと問題だが。。。需要があるという証でもある)。

店で待っている「迷える子ブタ」の姿も、観察していると、何となく真剣で、分からないことを聞いて理解しようとしている姿はそれなりに一生懸命なのが伝わり、雰囲気は悪くないのです。

毎日の様に、スクールも開催して、iPhone、iPadなどの使い方を教えている様です。

私の場合、「iPod Touch」を購入する前は、「Apple」なんで大嫌いでした。なんで大嫌いだったのかも忘れた!!!。 今でもApple大好きな友人に言われます「あれ、Apple嫌いだと言っていたくせに」と。。。

私が、「iPod Touch」を購入して、Appleにはまる以前から、ストアは存在していましたが、店のスタッフで、すごく怖いおばさんだか、お姉さんがいたそうで。。。その方と是非、対決したかったと思うのですが、ちょっと残念です。

「iPod Touch」を購入した頃、札幌ヨドバシカメラのAppleのブースに居た女性は、東京に行ってしまいましたが、すごく勉強熱心で、感じの良い「マダム」でした。

私の様な「メンドクサイ爺」を非常に、心地よく扱う能力、人柄を身に付けた方で、今でも忘れません(特に、美人は)。

お洒落な製品を持って、お洒落な「Apple Store」に行く、お洒落な「自分」。。。

百歩譲っても、完全に「意識高い系」ですが、良いじゃないですか。 自慢するものが、何も無いのですから。。。。

3.同じ業界で云えば、Microsoft社がありますが、

いくら、OSとパソコンを作っている会社が別々だからと言って、ユーザーに対するアプローチの仕方が、余りにも違い過ぎます。

シェアは、圧倒的にMicrosoft社のWindowsが8割以上占めるが、ただ売っているだけです。

Appleの様に、ただ物を売るだけでなく、Appleに愛着を感じてもらうための場所として、ストアを開くつもりなど、Microsoft社には無いのです。

Windowsの製造メーカーも、何かあったらサポートはします。。。程度の体たらくです。

Macが売れないのも、Microsoft社やWindowsの製造メーカーの策略の様な気がします。

何故なら、わけの分からな、パソコンも使いこなせないユーザーに、Microsoft社が使い方を教えて、楽しみ方まで教えたら、Windowsをさっさと辞めて、Macを購入するかもしれません。

実際に、Windows、Mac両方使ってみて分かるのは、Macの方が、圧倒的に、手間がかからないという事です。 アップデートも自分の好きなタイミングでできるし、ゴミファイルが溜まったとしても、性能が良いせいか、重くなったと感じることが、余りないのです。

よく、「スマホがあるからパソコン要らない」とほざきますが、元々、パソコンさえも使いこなせなかった奴が言うセリフではありません。 パソコンをちゃんと使いこなしている人は、同時に、スマホも使いこなしていますって。

4.Microsoftは、スマートフォン市場では、大惨敗でした。

Microsoftの「Windows フォン」は全然ダメでした。。売れないのです。というより買わない。

当時、MicrosoftのCEO、スチーブ・バルマーは、「Appleの様にサブスクリプション方式で売れば、何とかなったかもしれない」と。。。。このおじさん、分かっていないのです。

パソコンも使いこなせない大勢のユーザーが、誰が好き好んで、Officeが使えるからと言って、「Windows フォン」なんか買うか?

Windowsの様に、小難しいOSと端末を作って、売れるわけが無いという事を分かっていない。普及させる努力もしないで、Windowsの様に流行らせることができると思いっているところが、勘違いも甚だしいのです。

Microsoftは、パソコンも使いこなせない大勢のユーザーを楽しませる、オモチャの様な端末やOSを作れるはずが無いのです。 ある意味、優秀ですので、どうしようもないのです。

5.出た! 「Mac信者」の妄想ではありませんよ。

わけの分からな、パソコンも使いこなせないユーザーが圧倒的に多いせいで、パソコンと同じ機能のスマートフォンの場合は、日本では、Appleの「iPhone」が独り勝ちです。

キャリアの売り方の影響が大ですが、MacBookとたいして値段の変わらない「iPhone」が売れる。 使いこなせもしない「MacBook」は間違っても購入しないが、一丁前に「iPhone」は持っている。 機種編でもやはり「iPhone」を欲しがる。

よく、「スタバでMac」で「意識高い系」と揶揄されていますが、「お前、ガラケーで十分だろう」という奴まで、一丁前に「iPhone」を持っています。こっちの方が「意識高い系」でしょう。

確かに、Android、iOSの両方使うと分かるが、慣れると、バカチョンで使い易いのが「iPhone」です。 Androidの様に性能差を気にする必要がほぼ無い、訳わかんなくても失敗しない。

6.Microsoftも、「iPad」の様に4万円台で、安い「サーフェース」を出す噂が出ています。

主に教育市場を狙っているのでしょうが、iPadは純粋に「タブレット」だが、「サーフェース」はタブレットの型をしたパソコンです。

参照系の作業をメインでするなら、迷わず「iPad」でしょう。 「サーフェース」では厄介すぎる。

パソコンとして使用するなら「サーフェース」ですが、4万円台で安いと、当然、CPUの性能を下げ、メモリの容量も少ないはずですので、Windowsの常ですが、使っている内に重くなるのが目に見えています。

さあ、果たして、売れるかどうか?

7.「Apple Store 」で、「iPhone」を購入するメリット

「iPhone」は、「Apple Store 」で購入すれば、キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)の契約もできるが、通信の契約をせずに、そのまま単体で購入すれば、SIMフリーの端末として、使用することが可能です。

キャリアのセコイ契約に縛られることもありません。MVNOと契約して、SIMを入れれば、毎月、安い利用料金で使用することができます。

え!「バカ動画が見れなくなる」。。。いえいえ、「MVNO」でも大容量の契約が、ちゃんとあります。


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.