Apple 「WWDC 2018」イベントを開催

2018年6月
Appleが、開発者会議「WWDC 2018」イベントを開催しました。

「iOS 12」を発表しましたが、新しい機能ではないが、ユーザーにとってうれしい事が発表されたようです。

iOS12では「iPhone 6」で起動速度が40%早く、キーボードの表示が50%早く、カメラの起動速度が70%早くなっています。
対応 iPhone
iPhone X
iPhone 8、iPhone 8 Plus
iPhone 7、iPhone 7 Plus
iPhone 6s、iPhone 6s Plus
iphone 6、iPhone 6 Plus
iPhone SE
iPhone 5s

私の所には「iOS 12」のアップデートは、今年後半にリリースされる予定、「iPhone 6 Plus」など世代の古い端末でもサクサク動くように、ソフト的な「パフォーマンス」を向上させたと発表しています。

これは、本当にうれしい事で、古い端末をまだまだ使用しているユーザーは、私も含め大勢いるのですが、OSのアップデートを重ねるうちに、段々、重くなってきます。

バッテリーのパフォーマンスで、ソフトウエアをコントロールしていた問題で、裁判ざたにまでなったおかげか、Appleもちょっと考え方を変えたように思います。

どんどん、新しい端末とOSをリリースしてくるのは良いのですが、そのために、使っている端末のパフォーマンスがどんどん落ちてしまうのは、Windowsも同じでしたが、「速く、新しいものを買え」と云われているようなもので、何だかなー。。。と思ってしまいます。

もう、スマートフォンも、イノベーションを起こすような新しい機能も、VR、AR(拡張現実)、AIなどを除けば、スマートフォンを「オモチャ」としてしか使いこなせないユーザーが喜ぶような機能はもう出てこないでしょう。 せいぜい、カメラの機能がどうのこうのくらいでしょう。

使い慣れて、くるほどに、OSがバージョンアップして、処理パフォーマンスが落ちてくる。

この問題を少しでも解決してくれるなら、Appleを支持します。

過去に「Apple 大っ嫌い!!」でしたが、ユーザーのいう事などほぼ聞かない、Microsoft社より良いですね。

電話は、「Appleウオッチ」に閉じ込めて、電話のできない「iPhone」つまり、回線付きの「iPot Touch」みたいな端末で、パフォーマンスが最高のマシンが欲しい処です。

macOSとiOSが統合されるのではないかという噂は無いようです。従って、MacはIntel製プロセッサの採用をやめるというのも無くなっていると思います。

昔は実現できなかった、どこでも、持ち歩ける、ポケットに入る「コンピューター」としての端末ですが、IBM社がノートパソコン事業を中国のレノボに売り渡した時に、ノートパソコンは、もう「文房具」だと言っていましたが、まさにその通リです。

「iPhone」も「Android端末」も、もう同じ「文房具」です。

ただ、「文房具」も使いこなせない「バカ」が、世の中の多勢に無勢を占めていますので、金儲けしたい奴は、まだまだ、儲けるチャンスは残っているでしょう。

Apple Special Event. June 4, 2018.
https://www.apple.com/apple-events/june-2018/

iOS12
https://www.apple.com/ios/ios-12-preview/

macOS Mojave
https://www.apple.com/macos/mojave-preview/


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.