マウスコンピューターが、超小型筐体を採用した業務用PC「MousePro-C100P-IoT」を発売

2018年6月13日、
マウスコンピューターが、超小型筐体を採用した業務用PC「MousePro-C100P-IoT」を発売しました。 価格は3万9800円から(税別)。

ビジネスモデルのPCでは、Windows Updateの更新を約1年近く遅らせる事が可能ですので、ちょっと良いなと思います。 アップデートのたびにバグっていて、たまらんですので。

本体サイズ:70×70×34.1mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約164g。

特徴
多彩な機器制御
・Wake on LAN    : ネットワーク経由での電源起動などの端末管理
・HDMI-CEC準拠   : HDMIで接続する端末との電源連携管理
・タイマー管理    : 指定時間での電源起動
・USB機器からの起動 : USB接続のマウスやキーボードで電源起動
( BIOS設定後「高速スタートアップ」機能を無効にした状態で使用 )

・継続してWindows機能の更新が適用される「CBB(Current Branch for Business)」を採用。更新適用時期を最大12ヵ月延期でき、システム管理者によるアップデート検証をサポートするという。

補足説明> CBBとCBの違い
CBは主にコンシューマー向けで、新機能がリリースされるたびに自動で更新され、常に最新の状態が保たれるモデルです。

スペック

OS
Windows 10 Pro 64ビット
CPU
インテル® Celeron® プロセッサー N3350 ( 2コア / 1.10GHz )
メインメモリ
4GB
eMMC
64GB
光学ドライブ
非搭載
グラフィックス
インテル® HD グラフィックス 500
ディスプレイ
オプション ※BTO選択可能
無線
IEEE802.11ac/a/b/g/n 対応無線LAN
Bluetooth® V4.0+LE準拠モジュール
( インテル® Dual Band Wireless-AC 3165 )

・商品サイト
https://www.mouse-jp.co.jp/business/mpro-c/#gallery

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.