【傑作小話】LINEが原因で小学校の保護者会が真っ二つに割れた話

傑作な小話を1つ「LINEが原因で小学校の保護者会が真っ二つに割れた話」です。

小学校の保護者用の連絡網として「LINE」を採用したの良いが、問題が発生した。

原因は「連絡網用LINEグループトークで趣旨に合わない雑談を続ける」ことだった。

そもそも、連絡網として、LINEを採用する事自体、間違いでしょう。

お手軽バカチョンSNSの代表格「LINE」は、バカやアホどもが、愚にも付かない「井戸端会議」を延々とするための重要ツールです。

LINEが、いくら、お手軽バカチョンでも、それを「連絡網」として使うのが、そもそも間違っているのです。

半径5m以内しか認識できない「バカ 母」に、荒らされるのは、目に見えているのです。

メールで十分です。

世の中のバカやアホどもが、愚にも付かない「井戸端会議」を延々とするためのツールに参加する時は、注意が必要です。

私などは、一切、やりません。 丁重にお断りします。

世の中のバカやアホどもの「井戸端会議」に付き合っている暇は無いのです。


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 門田将之助 より:

    連続コメントすいません。
    やばい、爽快すぎてやばいっすね。
    自分が考え続けてきたこと、言われたかったことが
    記事にいっぱい詰まりすぎていて、「戦後70年とこれからの日本~」
    も読んだばかりですが、なんかゴミ・カス類に分類される筈の自分の
    中に眠る人間細胞が何粒か動き出した来たようで、
    人間になれそうな気がしてきました。
    来月くらいから本気出して1か月1冊くらい書籍読んでみようかなって
    脳内に一瞬でも浮かんだ自分にご褒美あげてもいいでしょうか。

    LINEは私も、小学校(PTAなど)、友人も仕事先でも全部
    丁寧にお断りしています。むしろインストールすらしたことありません。
    K国が嫌いとかC国が嫌とか他人は思うかもしれませんが、純粋に
    必要ないからです。
    それよりも、あー
    ほんと仕事しないといけないのに
    記事が読めすぎて「やばい」(←無知の結晶の最高出力の賛辞)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください