Microsoftが、「Office 365」で提供してきたコラボレーションツール「Microsoft Teams」の無償版の提供を開始

7月12日(現地時間)、
Microsoftが、「Office 365」で提供してきたコラボレーションツール「Microsoft Teams」の無償版の提供を開始しました。「Office 365」抜きで無料で利用できるようになりました。

「Slack」など、この手のツール、非IT系の企業でも、多数使われている様です。

「Microsoft Teams」は、「Slack」のようなグループチャットを中核に、オンライン会議、画面共有、ファイル共有、「Office 365」アプリなどを統合したコラボレーションツールです。

機能

  • 無制限のチャットメッセージと検索
  • 最大 300 ユーザー
  • 1:1 とグループのオンライン音声/ビデオ通話
  • オンライン版「Microsoft Office」の統合、リアルタイムでのコンテンツ作成。「Word」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」が含まれる
  • ファイル ストレージ
    10GBのチームファイルストレージ。1人あたり2GBの個人ストレージが提供。
  • 無制限の他社製ビジネスアプリと連携。
    Adobe、Evernote、Trelloなど140以上のビジネスアプリに対応
  • Microsoftのセキュアなグローバルインフラストラクチャーで動作。
    組織内外に関わらず、あらゆるユーザーと通信・協業が可能

下記の機能は、無料版で使えません。

  • Exchangeによるメールホスティングと独自のメールドメイン
  • OneDrive、SharePoint、Planner、YammerなどのOffice 365のサービス
  • あらかじめスケジュールを設定した会議
  • Microsoft Steamでの会議の録画・録音
  • 電話での通話と電話会議

Microsoft Teams free (preview)  ダウンロード サイト
https://products.office.com/ja-JP/microsoft-teams/free


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください