ワイモバイルが、「スマホプラン」データ通信容量が倍増し、9月1日から提供すると発表しました。 料金そのままで既存ユーザーも対象です。

2018年8月1日、
ワイモバイルが、「スマホプランS/M/L」のデータ通信容量を倍増し、9月1日から提供すると発表しました。 料金そのままで既存ユーザーも対象です。

顧客の流出を防ぐためにも、データ通信容量を倍増する必要がありましたね。MVNOでも、月額1600円で3GBが普通ですので。。。

改定前

料金プラン
月額料金(1年間)※2
スマホプランS
1,480円
スマホプランM
2,280円
スマホプランL
3,980円
月間データ容量 1GB 3GB 7GB

改定後

料金プラン
月額料金(1年間)※2
スマホプランS
1,480円
スマホプランM
2,280円
スマホプランL
3,980円
月間データ容量 2GB 6GB 14GB

データ増量オプション※3 1GB 3GB 7GB

合計 3GB 9GB 21GB

※2「ワンキュッパ割」「おうち割 光セット(A)」適用時。
※3「データ容量2倍オプション」は、2018年9月1日から「データ増量オプション」へ名称を変更します。

・リリース ニュース
https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2018/20180801_03/

追記> 2018年8月1日
KDDIは、2年縛りや4年縛りと呼ばれる期間拘束やキャンペーンについて、条件を見直すと、
8月1日の決算会見で高橋誠社長が明らかにしています。

ユーザーをなめた様な「くそ」プログラム。。改善する様ですが、ソフトバンクはまだで、様子見か、横並びで、出してくるのでしょう。


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください