【書籍紹介】 2018年夏休み まとめて読んでおきたい書籍

本日の書籍紹介は、2018年夏休み 暑すぎる異常気象が続いていますが、もう少しでお盆休みになります。 帰省もせず、都会で、まとまった夏休みを過ごす方にお薦め、読んでおきたい書籍です。

書籍を読む場合、1冊ではなく、同じ、コンテキストの書籍を複数冊読むと、書籍に記述してある事が、事実に近いかどうかが、分かります。

特に、自然科学系の事柄は、この鉄則を守らないと、「がせネタ」をつかまされることが有りますが、裏を取る意味でも、複数冊読んでおくことをお勧めします。 そうすると、どんな定説があるのかが分かります。

今回は、ジャンル別に、複数冊、同じコンテキストを並べてみましたが、全部読むのは、ちょっと難しいのですが、まとまった休みの中で、興味のある事柄をまとめて読むのも良いのではないかと思います。

なに、1冊、1,000円以内の200ページくらいの文庫本なら、1時間で読み終わりますので、公共の交通機関を利用していれば、行き帰りの電車、地下鉄、バスの中で読み終わるでしょう。

私は、仕事に出かけたときは、ほぼ、街の書店によります。まず最初にひら積みになっている文庫本を新しいものがないかチエックします。ページ数は様々ですが、月に10冊くらいのペースで書籍を購入して読んでいます。

夏は、暑い!
まとまった休みであれば、街に出かけて、涼しい処で、ちょっと空いている時間帯にスタバなどコーヒーショップで、冷たい飲み物でも飲みながら、文庫本なら読み終えてしまうでしょう。

今時期は、夏休みですので、おチビ達(高校生、大学生)が、生意気にスタバでお勉強らしきことをして長い時間占領しているのですが、ちょっと、鬱陶しい。。。「勉強は、図書館ですれ」と言いたいのですが、いかんせん、人が見ていないと勉強できないおチビさんたちですので、困ったもんです。

札幌も、こう暑いと、家に「エアコン」も付いていない家が殆どですので、自分のお家で勉強するのは大変で、百歩譲って、仕方ないか。。と思うのです。 札幌の人間は、東京の「ディズニーランド」に家族で行くのに、十数万円かけて遊びに行くのですが、たかが、5,6万円のエアコンは絶対買いません。扇風機で済ます。

どうせ、家に帰り、風呂入って、飯食って、テレビやネットの動画を観て、バカ笑いして、糞して寝るだけでの生活習慣ですので、どんなに、くそ暑くても、エアコンなんて必要ないんです。

最近の「独裁者」、「化け物」
最近、腐った組織の「独裁者」の様な、頭の配線がおかしいトップが、血祭りにかけられようとしていますが、しぶとい奴も居ます。

なぜ、この様な「化け物」の様な奴が、トップにまで登りつめて、好き放題な事を続けられるのか?

シリアルキラーの様に1人で、犯行を繰り返す場合もありますが、この様な場合は、必ず、イエスマンの取り巻きが存在します。ですので、組織を本当に改革しようとするときは、この「取り巻き」も戦犯として排除する必要が有るのですが、しかし、排除できたとしても、人間は弱い動物ですので、同じような「化け物」が現れると、また「取り巻き」ができて、同じようなことを繰り返してしまいます。

人間の弱さ由縁で、身の保身を考える、うまみを与えられると、人間だれしも、「化け物」の「取り巻き」になり、権力側に付く可能性が、十分あるのです。

清く、正しくは良いが、逆らい、乾されて、貧乏になりたくないから、悪事に加担するしかないのです。 本当に強い人は、そこから離れるのでしょうが。。。それができない人間が大半です。

世の中、簡単です。 だから、同じことが、何度も、繰り返すのです。

更に云えば、トップを選ぶ側の人間も、頭の配線がおかしければ、どこかの国の大統領の様にみんなで「頭の配線のおかしい」トップを選挙で選んでしまう。。。。

地球上で、「ホモサピエンス」だけが、生き残ってこられた理由は、「人間の弱さ」にある様な気がします。 なぜなら、絶対に良くならないし、歴史を繰り返しているから分かります。

そうですね。 一度、人工知能(AI)に世の中を支配させたら? 人類が滅びようと1度任せてみましょう。 真っ先に滅亡させられるでしょう。

人間の作った、人工知能(AI)なんて、危ないでしょうね。 どんなに優秀でも人間の持っている「危ない」、「弱い」部分も必ず引き継がれるでしょうから。。。

目 次

1.人工知能について

2018年5月28日、アクセンチュアは世界の労働者を対象にした人工知能(AI)の意識調査を公表したが、日本人の場合、AIに対する認識がどうも弱い様です。

日本の労働者は「AIが私の仕事にポジティブな影響をもたらす」と回答した割合が22%にとどまり、世界平均の62%より40ポイント低かった。AIが自身の仕事にもたらす影響をイメージできていない人が多いのも日本の特徴で、「AIが自身の仕事にもたらす具体的な変化が分からない」と答えた労働者の割合は世界平均が15%なのに対して日本は25%と10ポイント高かった。

携帯電話の使い方さえ、未だに分からないバカが、大勢、多勢に無勢を占めている日本の社会で、人工知能(AI)?  分かろうともしていない、分かる訳が無いでしょう。

1)人工知能   人類最悪にして最後の発明

2)AIは「心」を持てるのか

3)ロボットの脅威 ―人の仕事がなくなる日

4)拡張の世紀

2.発達障害と犯罪

少数ですが、毎年のように、突然事件を起こして、殺人にまで至り、「相手は誰でもよかった」と言い放つ、奴がいますが、どんな精神状態で、事件を起こしてしまうのか?

1)発達障害と少年犯罪

本書で書かれているタイトルを見て、「発達障害=犯罪者のレッテルを貼っているのか」などのつまらない意見ではなく、人類学的にも見て、このような人たちが、悪の道に入り込まないようするのは、子供の頃から、差別や排除するのではなく、ちゃんと、社会で育てて行く必要があるという事を大切にしている

関連記事
【書籍紹介】 発達障害と少年犯罪 (新潮新書)  田淵俊彦、NNNドキュメント取材班 (著)

2)精神鑑定はなぜ間違えるのか? 再考 昭和・平成の凶悪犯罪

精神医学は、いまだに未熟な学問であると云っていますが、無理もありません。他の医学と違い、頭を勝ち割って調べることができない学問、医療ですので。。。

この学問などは、それこそ、AIの力を借りで、精神科医のすべての臨床データをインプットすれば、ビックデータとして活用できるように思うのですが、どうでしょう。

臨床データを集積しないと、「鑑定結果」がバラバラで、余りにも個々の「精神科医」の知識だけでは、人間の配線のおかしさを解析する事は、不可能に思います。

3)告発 児童相談所が子供を殺す

とんでもない、親の元に生まれてきた子供が多く、行政の施設も貧弱で、ちゃんと取れない状態で動いている様子が描かれていますが、もう行政が何とかしなくてはならない状態が続いていて、そこから漏れた子供たちが、虐待どころか、殺される事件も起きているのですが、少し緩和する状態になっているどころか、増々ひどくなっています。

4)ヒトは「いじめ」をやめられない

「いじめ」という行為は、種を保存するための本能に組み込まれているから、止められないと言っています。

この止められないものを隠そう、隠蔽しようとするから、バカなんです。起こってしまう事を、止められないことを止めようとしても無理です。 むしろ、起こってしまってからの対処が重要なのに、それをしないで隠蔽するから、犠牲者が後を絶たないのです。

特に、教育者に言いたい、自分の学校で起こることが「恥」では無く、ちゃんと対処しなかったことが、「罪」なんだと。。。

関連記事
【書籍紹介】 ヒトは「いじめ」をやめられない  中野 信子 (著)
【書籍紹介】「いじめは生存戦略だった!?」 進化生物学で読み解く生き物たちの不可解な行動の原理」

5)「発達障害」と言いたがる人たち

診察にくる人の中に、自分は「発達障害」と言いたがる人たちが、居るそうです。

自分のダメさ加減を「発達障害」のせいにして、自分で納得したい。。。心根は、ちょっと浅はかですが、それでも「発達障害」をちゃんと知らないと、こんな事も言えませんので、それだけでも、まだ、ましです。 そして「障害がない」と言われて失望するそうです。

自分で調べるだけ、まだましで、社会の中で、これだけ問題になっていても、教育者でさえ、「無知」な人たちは、多勢に無勢で存在しています。

関連記事
【書籍紹介】 「発達障害」と言いたがる人たち (香山 リカ著)

6)殺人に至る「病」 精神科医の臨床報告

著者は、「狂気と正常の間に、厳密な境界線は存在しない」と語ります。

一見、普通の人が残酷な事件を起こす不気味さに迫り、悪とは何かを考察するとなっていていますが、悪とは何か? と言うより、人間の、動物の本能、本性が、情動が、むき出しになった時の恐ろしさを忘れないようにする必要があるのではないでしょうか。

関連記事
【書籍紹介】殺人に至る「病」 精神科医の臨床報告  岩波 明 (著)

3.脳と腸の関係

腸は、腸管神経系(ENS)は「第二の脳」とも呼ばれていて、脳–腸–腸内細菌の情報ネットワークの緊密さと重要性が分かります。 指令を出しているのは「脳」だけでは無いのです。

しかも、腸内に100兆個以上存在する「腸内細菌(腸内マイクロバイオーム)」も重要な役割をしていて、これの異変は、慢性疼痛、過敏性腸症候群(IBS)、うつ病、不安障害、自閉症スペクトラム障害や、パーキンソン病などの神経変性疾患に結びつく可能性があると言われています。

1)腸と脳──体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するか

「腸」は、「第二の脳」とも呼ばれていていますが、その重要な役割を果たしているのが、腸管神経系(ENS)です。

「自律神経系」の中で、自律神経系を交感神経系、副交感神経系、「腸管神経系」と3つに分類されいます。
「腸管神経系」系とは、食道から肛門までの消化管壁に内在する神経ネットワークを構築し、縦走筋と輪走筋との間に位置する筋層間神経叢と粘膜下組織に位置する粘膜下神経叢からなる系です。

2)あなたの体は9割が細菌: 微生物の生態系が崩れはじめた

これから、お母さんになる、女性の方にも是非、お勧めの一冊です。
腸内の細菌が、人体のどのような部分に影響を与えているのか、重要な事柄が、沢山、書かれています。

関連記事
【書籍紹介】夏休み、最後に読んだ書籍がすごかった!!  「あなたの体は9割が細菌」 10% HUMAN

3)マイクロバイオームの世界――あなたの中と表面と周りにいる何兆もの微生物たち

「マイクロバイオーム」とは何か、それが人間の生活や健康にどう影響するのかまで、進化理論や細菌学の歴史をひもときながら、最新の分子生物学の成果を踏まえ、解説されています。

4.ゲノム

京都大学で、難病のパーキンソン病患者を対象に、iPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞を使う再生医療の国内初の臨床試験(治験)を2018年8月1日に始めましたが、これは頭にドパミン神経前駆細胞を注射器で入れる方法で移植するらしいのですが。。。。

「パーキンソン病」は、神経伝達物質である「ドパミン」が足りないために発症する症状ですので、これを生成する為にドパミン神経前駆細胞を移植する様です。

iPS細胞を使った再生医療の分野も、いよいよ、臨床試験の項目が増えてきていますが、ゲノム編集という、遺伝子レベルの研究も進んでいます

この「ゲノム編集」は、「iPS細胞」などの異なる技術を組み合わせることで、がんや糖尿病、あるいはアルツハイマー病など、現代社会に多く見られる病気の治療にも応用されると見られています。

1)生命の再設計は可能か: ゲノム編集が世界を激変させる

ゲノム編集の進展を中心に、遺伝子にまつわる研究の最近の動向をわかりやすくまとめた1冊です。

2)ゲノムが語る人類全史

人類の旅路を「ゲノム」で読み解く新たな歴史書だと思います。

3)ゲノム解析は「私」の世界をどう変えるのか? 生命科学のテクノロジーによって生まれうる未来

生物学的なテクノロジーの進歩によって何がもたらされるのか。何が破壊されるのか。
生命科学の現状について、分かりやすく記載されています。

4)CRISPR (クリスパー) 究極の遺伝子編集技術の発見

5.人類学

1)我々はなぜ我々だけなのか アジアから消えた多様な「人類」たち

西欧の方では、発掘作業が盛んにおこなわれていて、アジア方面は、まだまだ謎誰家だそうです。 フローレス原人、ジャワ原人などアジアの原人たちを追っています。

2)絶滅の人類史―なぜ「私たち」が生き延びたのか

出アフリカを先に果たして、ヨーロッパに居た「ネアンデルタール人」が、後からアフリカからやってきた「ホモ・サピエンス」、なぜ、「ネアンデルタール人」が滅び、「ホモ・サピエンス」だけが生き残ったのか?

3)第三のチンパンジー: 人間という動物の進化と未来

博士の第一作『人間はどこまでチンパンジーか?』を読んだ後でも、新しい発見があります。

4)銃・病原菌・鉄〈上・下巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎

ジャレド・ダイアモンド博士の著書を初めて読んだのが、文庫本のなる前のこの書籍でした。

なぜ人類は、五つの大陸で異なる発展をとげたのか、大陸間の移動で何が起こったのか。普段歴史で学ぶこと以上の、人間の、人類の歴史が刻まれています。


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください