Windows 10 へのすすめ 「Windows 10 Technical Preview」の最新ビルド「Build 10041」を公開

2015年3月18日、
Microsoft社が、「Windows 10 Technical Preview」の最新ビルド「Build 10041」を公開しました。

前回のバージョン「Build 9926」は、1月23日公開されましたが、開発が進んでいるのか、早いですね。。
Sponsored Links





1.Windows 10へのすすめ

私の場合は「MacBook Air 13」に、「Windows 10 Technical Preview」をBoot Campを使って入れて、運用しています。
デスクトップ機は「Windows 7」(SSD)をメインに、デュアルブートで「Windows 8.1」(HDD)も使用できるようにしています。

1)良くなった点

Microsoft社のWindowsは、あまり褒めないのですが、「Windows 10」は良くなりましたよ。

分かり易く云えば、「Windows 7」より、セキュリティ、ストレージ管理などの機能がアップして、「Windows 8」のタブレット用とデスクトップの切り替えが、「グダグダ」だったのがすっきりした。。。感じです。
まあ、Mac OSXのバージョンアップから比べると、驚くことは、相変わらず。。。何も無いんですが。。。とりあえず、まともに戻った感じです。

ある意味、優秀な人達が、寄ってたかって、新しいOSを作っても、ユーザーの意見に耳を傾けないと。。。こんなざまになる事が、優秀な人達も理解できたのではと思います。

Windowsの様な、企業で使用されているOSは、セキュリティやその他の管理機能などは、強化するのは良いが、UIなどの変更は、よほど使いづらいのでなければ、勝手に変更するのは止めた方が良いのではと思います。

Microsoft社のWindowsの思惑は、デスクトップ、タブレット、スマホなどのプラットホームを統一しようとしているが、どうせ、「Windows Phone」は売れないでしょうから、とりあえず、デスクトップとタブレットの2つに力を注いでほしい物です。

この様に、OSを作っているメーカーは、ユーザー、デベロッパーの両方の事を、考慮しないと、普及しないのです。

Appleが、こんな「水陸両用車」を作ってどうすんだ? と言っていたOSも、「Windows10」になって、やっとまともに使える「水陸両用車」になってきたように思います。

2)おすすめな訳

「MacBook Air 13」に、「Windows 10 Technical Preview」を入れて使用しているのですが、どんな風に良いかと云えば、ブラウザ(IE11)に、Googleのツールバーをインストールしてもちゃんと動くし、Word、Excelなどの無償のPreview版をインストールすれば、Officeもちゃんと使えますので、なんにも、不自由が有りません。

正式版がリリースされれば、Windows7、8、8.1を使用していれば、なんと!!、無償でアップグレードが可能です。
「中国」対策だと思いますが、なんと!「海賊版」でも、無償でアップグレードができる様です。。。。

特に、「Windows Vista」が重いだのへったくれだの言っている方は、今すぐ、Vistaを潰して「Windows 10 Technical Preview」をインストールして使用してみると良いです。 これを使ってみて良ければ、正式版がリリースされ時に購入すればいいんです。
スペック的に、よほど、劣っているマシンでなければ、「Windows 10 Technical Preview」の方が、サクサク動きます。

なぜなら、非力なWindows「タブレット」でも動く様に、「カーネル」が軽く作られていますので、OSをバージョンアップしても、そんなに重くならないのです。

Officeも使えるし、個人利用で、困ることなど無いように。。。。思います。

ダメもとで、試す価値は。。。。十分、有ります。 全部ダダでできますので、是非、お試しあれ。

2.「Build 10041」のUpdate方法

「Windows 10 Technical Preview」をすでに利用している環境に対して、「Build 10041」は「Windows Update」サイトで手動で入手してアップデートできます。

更新の受け取り設定を「高速(Fast)」に設定することで、Windows Update経由で、自動でダウンロード更新できる様です。

ビルド「Build 10041」をインストール後の再起動を求める画面

再起動後、デフェンダーのアップデートも入ってきますので、アップデートをお忘れなく。

3.新しいビルドで追加された7つの機能。

1)スタートメニュー

スタートメニューのカスタマイズが強化されています。

アプリのリストもボタンと同様に、並べ替え可能です。「よく使うアプリ」をスタートにピン止め可能になった。

2)仮想デスクトップの強化

仮想デスクトップ上で動いているウィンドウのみタスクバーに表示する「フィルタ」されたタスクバーをサポート。

3)Cortana(音声対応パーソナルアシスタント)の多言語サポート

米国に加えて、中国、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、スペインで利用可能になった。 日本語はまだです。

4)無線ネットワーク接続のメニュー

タスクバーのネットワークアイコンをクリックすると設定メニューが、上図の様に「フライアウト」するUIに刷新した。

5)写真アプリの強化

主要なカメラのRAW形式をサポート。
いくつかのキーボードショートカット(Tabキーや矢印キー、Page Up/Page Down)を追加。

6)手書き入力の強化

手書きパネルを短文入力に最適化し、ペンによる編集ボタンを入力パネルの近くに配し、自動変換予測機能を追加

7)ロックスクリーンの強化

ロック画面にWindows 10のTipsを表示

関連記事
Microsoft社が、デスクトップ版のオフィススイート「Office 2016 Preview」のダウンロード提供を開始
第1回目 「Windows 10 Technical Preview」版で、IE11にGoogleツールバーを入れてみた。
MacBook Airに、Boot Campを使ってWindows 10 Technical Preview 版を入れてみる
Windows 10」のプレスイベントに見えてくる、Microsoftの強さと弱さについて

Sponsored Links





コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*