9月18日に、iOS 12がリリースされました。12時間使用した感想です。「iPhone 6 plus」にインストール

2018年9月18日に、iOS 12がリリースされました。

対応機種は、iPhone 5s以降、iPad Air/mini 2以降のiPad、iPod touch(第6世代)。

私の端末は、「iPhone 6 plus」ですので、あと数年で、アップデートさえもできなくなってしまいますが、新しいのは、目もくれず、とりあえず、OSのアップデートが、対象外になるまでは、使い続けることにしましょう。

今回のアップデートは、2013年モデルの旧機種まで対応可能ですので、約5年で、アップデート対象外になります。 電池の持ちなどを考えれば、妥当な期間ではないでしょうか(電池を入れ替えるという手もありますが。。。)。

自分の端末が、何年製のモデルか、ちゃんと、認識しておいたほうが良いですよ。

1.今日、午前中に、「iOS 12」にアップデートを実施しましたが、概ね、良好です。

一番のお気に入りは、文字入力の時、speceキーを長押しすると、カーソルが移動する様になりました!!!
もう、これが、もっと早くできるようになっていればと思うと、残念です。

アプリの起動など、若干、速くなった様に感じます。

アップデートから、12時間ほど経過していますが、バッテリーの持ちは、どうでしょうか? 余り実感できるほどでは無いが、これは、もう少し、様子を観ないと、判断できないですね。

バッテリーの全容量は、チェックすると85%ほどですが、本日、最後、残量を見ると12%ほどまで減っていましたので、あまり、持ちがよくなったとは思いませんですね。

ただ、もたーっとしていた操作感が、すこし、改善されていると、少しですが実感でしました。

2.Appleの「iPhone」が、なぜ良い端末なのか

Appleの端末は、他のAndroid端末より、高性能です。 本当にです。

なぜなら、OSも端末も自分のところで作っているからです。Android端末は、Googleも端末を作っていますが、殆どの端末は製造メーカーが作っています。パソコンでいえばWindowsと同じで、性能により値段がバラバラなのです。

ファーウエイ、ASUSなどの安い端末は、ちょっと性能が低いですが、サムスンなど日本のキャリアにおんぶにだっこの端末は、iPhoneと同じくらいの値段がしますので高性能です。

AppleのiPhoneは、初めから、Android端末と比べると、ハイエンド端末なのです。

ですので、2年で買い替えるのは、非常にもったいないと思います。5年は楽勝使えます。

新しい端末が出ても、目もくれずに、使い続けましょう。どうせ、新しい物に入れ替えても、使いこなせないのですから。機能の30%も使っていないでしょう。

結局、新しい物を購入するのは、「よほどのバカ」か、「Apple信者」か、「金に困っていない見栄っ張り」くらいでしょう。

3.2016年に発売された「iPhone SE」が、商品のラインアップから消えてしまいました。

iPhone SE」の運命も、「iPhone 6 plus」と同じくらいの時期にアップデートの対象外になるでしょうから、これがお気に入りで所有しているユーザーは、とりあえず、使えるが、この先、どうしよう? と考えている人が、大勢いるのではないかと思います。

私の周りの友人達も、数人は、これが良いと、とても大切に愛用しています。

レファレンス端末(大量の文章を参照する用途)として使用しようとすると、画面がちょっと小さいのですが、電話、メール、LINE程度の使い方しかしていない、ユーザーに取って、これがベストサイズなのかもしてません。

後は、早く、今年のうちに、電池交換プログラムで、新品の電池に交換しないと。。。そうすれば、あと、数年、使うに十分でしょう。

値段も、高価になり。。。と言うより、土管屋が、タダでiPhoneを配れなくなりましたので、ユーザーはいま使用している端末を長く使うでしょう。

iPhoneが高価になったのではなく、土管屋が、タダで販売できなくなっただけの話です。

ですので、猫も杓子もiPhoneを持っていましたが、こんな高い端末を単体で購入するわけもなく、段々、飽きて、ユーザーは減っていくでしょう。

Appleが、けんか版のiPhoneを販売するかどうかですが、あまり、期待できないでしょうね。

4.こんな風になれば、何とかなる

結局、スマートフォンは、パソコンを小さくした端末ですので、8インチAndroidタブレットや、「iPad mini」くらいの大きさのデータ通信(専用)で使用するレファレンス用端末と、電話(通話)だけできる端末が1台在ればいいだけです。

電話とパソコンを合わせると、キャリア(土管屋)が儲ける構造が、はびこりますので、分離した方が、良いのではと思います。

電話機能なんかは、下記の様な端末に、押し込んでしまえば、通信端末2台持ちでも苦になりません。

 

総務省で何とか、通話だけできる安いSIMをMVNOあたりで販売できるような指導をしてほしいものです。
自分でかけなければ、着信のみだと、基本料金500円位で済むような。


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください