VMwareが、MacでWindowsを使える「VMware Fusion 11」、「VMware Fusion 11 Pro」をリリースしました。

2018年9月26日、
VMwareが、MacでWindowsを使える「VMware Fusion 11」、「VMware Fusion 11 Pro」をリリースしました。

「VMware Fusion」 を使用することで、Mac ユーザーは、Windows をはじめとするさまざまなオペレーティング システム(Linuxなど)を Mac 上で、Mac アプリケーションと同時に再起動することなく実行できます。

仮想PCを構築し、その上にWindowsをインストールするバーチャルマシン方式です。

新規購入価格
・「VMware Fusion 11」  :9,925円(税込)
・「VMware Fusion 11 Pro」:19,753円(税込)

Fusion 11の技術仕様

■ハードウェア
2011 年以降にリリースされたすべての Mac に対応します。

ただし、次を除きます。
・Intel® Xeon® W3565 プロセッサー搭載の Mac Pro クアッド コア 2012 年モデル

また、次の Mac にも対応しています。
・Mac Pro 6 コア、8 コア、12 コアの 2010 年モデル

  • MacBook (Early 2015)
  • MacBook Air (Mid 2012 以降)
  • MacBook Pro (Mid 2012 以降)
  • Mac Mini (Late 2012 以降)
  • iMac (Late 2012 以降)
  • Mac Pro (Late 2013 以降)

■ソフトウェア
・OS X 10.12 Sierra 以降が必要

  • macOS 10.14 Mojave
  • Windows 10 October 2018アップデート版
  • Windows Server 2016アップデート版
  • Ubuntu 18.04.1
  • Fedora 28
  • VMware Photon OS
  • VMware ESXi 6.7

VMware ストア サイト

Macで、Windowsを走らせる方法は、まだまだありますので、下記の記事を参照してみて下さい。

関連記事
MacでWindowsアプリを動かす4つの方法について紹介します。


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください