Microsoftが、「Windows 10」の大型アップデート「October 2018 Update」の提供を開始

2018年10月2日(米国時間)、
Microsoftが、「Windows 10」の大型アップデート「October 2018 Update」(バージョン1809、ビルド17763.1(RS5))の提供を開始しました。

RS5(レッドストーン5)が、もうリリースしましたが、私はまだ、RS4にアップデートもしていません。

新機能
・スマートフォンとの連携を強化する「Your Phone(同期電話)」アプリ
・クラウド経由でクリップボード履歴機能やデバイスをまたいだコピー&ペーストが利用できる「クラウドクリップボード」
・「エクスプローラー」のダークテーマ適用
・進化した「メモ帳」(複数の行末記号に対応)
・スクリーンショット用の新たなツール。

・Windows 10 October 2018 Update ダウンロードページ
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

追記2> 2018年10月10日

「Windows 10 October Update」でファイルが消失する原因が判明した様です。
詳細は、下記のページを参照
https://blogs.windows.com/windowsexperience/2018/10/09/updated-version-of-windows-10-october-2018-update-released-to-windows-insiders/

2018年10月10日、アップデートの公式再リリースに移行します。

追記1> 2018年10月7日
10月2日(現地時間)から配信した「Windows 10 October 2018 Update」にて、アップデートを実行するとユーザーのファイルが勝手に削除されてしまう不具合が一部で確認され、問題となっていて、現在、配信を中止しています。

ユーザーフォルダ内のパブリックフォルダや「マイミュージック」や「マイビデオ」といったライブラリフォルダに保存していたファイルがアップデート後に削除されてしまうというものです。 バックアップをとっていない限り復旧できないようです。


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください