【書籍紹介】人工知能はなぜ椅子に座れないのか: 情報化社会における「知」と「生命」 (新潮選書)

本日の書籍紹介は、
人工知能はなぜ椅子に座れないのか: 情報化社会における「知」と「生命」 (新潮選書)

初め、人工知能の説明の書籍か。。。と思っていましたが、全然、違いました。

私が常々、疑問に思って、人類学、脳科学、脳神経学、分子生物学、進化論、遺伝子工学などの書籍を読み漁っていて感じたことが、この書籍の中に詰まっています。

決して「人工知能」を否定しているのではなく、生命とは何ぞや? を探ってゆくと、人工知能って、まだまだでしょう。 という事が分かります。


– 目 次 –
第一章  人工知能、そして、人工社会とは何か
第二章  人工知能の研究はどのようにして始まったのか
第三章  脳はどのようにして世界を知覚するのか
第四章  意識に見る人工知能の限界と可能性
第五章  シンギュラリティの喧騒を超えて
終 章  情報化社会における「知」と「生命」

GDJ / Pixabay

人工知能研究が1956年に学問分野として確立してから、現在3回目の人工知能ブームになっていますが、人間を超えるような「人工知能」がもうすぐやってくると、コンピューターの事さえも、何も分かっていない国民たちは、自分たちの仕事が奪われてしまうのではないか。。と云う、漠然とした不安を抱えているようですが、そう簡単に来るわけが無いのです。

確かに、自動運転のクルマのレベルは、高度になるでしょう。

人間とは、生命とは、意識とは、脳の仕組みは、これが解明されない限り、「人工知能」シンギュラリティ(技術的特異点)など来ないと思います。

確かに、このブームは「弱い人工知能」としては、まだ、発展するでしょうが、「強い人工知能」は、第3回目のブームでも頓挫するでしょう。

なぜなら、まだ、人工知能より先に、人間の体と脳について、何も分かっていないことが多すぎます。 脳科学、脳神経学、で云えば、神経細胞の解明は進んでいますが、グリア細胞でさえ、まだ何も分かっていないのです。 神経細胞との関係性についてもです。

意識とは、自我とは、認識するとは。。。。。まだ、何も分かっていません。

何も分かっていないことだらけなのに、「脳」だけで体のない、人工知能などあり得ないのです。 筋肉も、内臓も、腸の中の細菌も、脳内物質も無いのに、知能など無いのです。

また、最近「人工ニューロン」の研究開発が進んでいる様ですが、これもまた、ニューロンの仕組みだけでは、人間の脳のようにはなりません。 グリア細胞を含めた仕組みを解明しないとダメでしょう。

アルゴリズムで動いているコンピューターごときが、人間を超えることは、まだ、無理です。

人間は、命令しなくても動きます。 機械は命令しないと動きません。 人間が生きていると言うことは、何も命令しなくても平衡を保つために、自分で意識しなくても動いています。

ストレスが溜まれば、体も調子悪くなるし、ガンにもなります。

生まれてきたばかりの赤ちゃんの様に、目が見えるようになり、だんだん自立して、世の中を認識できるようになり、自己を認識できるようになるには、体があるから体験できるのです。

体のない人工知能が、どうやって、体験して、自己を認識できるのでしょうか? データを与えて動くのは計算できるからだけです。

何も、分かっていない国民からすれば、チェス、将棋、囲碁の世界で、コンピューターに負かされているので、人間より頭が良いと勘違いしている。

チェス、将棋、囲碁の世界で人間に勝ったからと言って、「人工知能」が人間に近づいたかと言えば、NOでしょう。 計算するのが速いだけです。

人間のように、五感で感じて、物を考えている訳では有りません。

GoogleやApple、Amazon、Microsoftの人工知能も、会話させれば、簡単なことは答えてくれるでしょうが、知能としては、まだ「幼稚園児」程度です。

最後に、

久しぶりに、今まで読んできた書籍が、この書籍を読む上で役に立っているかが分かる一冊でした。

人間、なぜだろう? という「好奇心」を持つと、その仕組みを知りたくなるのですが、自動車、コンピューター、スマートフォンは、どのような仕組みで動いているんだろうは、ほぼ理解できるのですが、生命とは、人間とは、自分は何者なんだろう? 意識とは? どんな仕組みで生きているのか。。という事は、未だに解明されていません。

自分が、この世からいなくなる前に、発見されればいいな。。と思いますが、こればっかりは無理なような気がします。

将来、「脳」をコンピューターに移植して、「脳」だけ生き残る。。。。これはちょっと悲しい。

何故なら、自由に動き回れる、自立した「体」がないと、五感で「喜怒哀楽」を享受することができないでしょうから、人間として、生き延びる価値が無いように思います。

「体」が無くても、生きていける「生命体」なら、移住する惑星など必要ないでしょう。宇宙空間を彷徨うだけで十分でしょう。


Sponsored Links




関連記事
【書籍紹介】 「第三のチンパンジー」 ジャレド・ダイアモンド (著)
【書籍紹介】未来を読む  AIと格差は世界を滅ぼすか

【書籍紹介】脳の意識 機械の意識 – 脳神経科学の挑戦 (中公新書)
【書籍紹介】「脳の誕生」 大隅 典子 (著) です。

【書籍紹介】 つながる脳科学  「心のしくみ」に迫る脳研究の最前線
【書籍紹介】 「もうひとつの脳」 ニューロンを支配する陰の主役「グリア細胞」

【書籍紹介】「睡眠の科学」 なぜ眠るのか なぜ目覚めるのか

【書籍紹介】 ゲノムが語る人類全史
【書籍紹介】 「遺伝子は、変えられる。」  エピジェネティクスの真実
「人類の進化」に関係した、DNAの変異に関する不思議なお話です。
【書籍紹介】「ダーウィンの覗き穴:性的器官はいかに進化したか」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください