キングジムが、無線LANを通じてスマートフォンやパソコンから簡単にアラームを設定できる、スマートプログラムアラーム「リンクタイム」LT10を発売すると発表

2018年10月10日、
キングジムが、無線LANを通じてスマートフォンやパソコンから簡単にアラームを設定できる、スマートプログラムアラーム「リンクタイム」LT10を発売すると発表しました。

発売日は、2018年10月26日(金) 、価格は13,200円(税別)。

スマートプログラムアラーム「リンクタイム」は、無線LANを通じて、場所を問わず手軽にアラームを設定でき、音声で予定をお知らせするデジタル時計です。
寝室やリビングなどに設置し、離れた場所からスマートフォンの専用アプリやPC向けの専用WEBページを使ってアラームを設定できます。

スマホが普及して、アラーム機能を使うようになって、「目覚まし時計」をあまり使わなくなりましたが、このデジタル時計は、ネットワーク機能を追加して、外出先からでもスケジュールを入力、管理できます。

本体の大きさ:約107(W)×45(D)×107(H) mm、重さ:約250g。

特長
モードは、「スマートモード」と「シンプルクロックモード」の2種類です。
【スマートモード】
無線LANで専用サーバーと接続し、遠隔から自由にスマートフォンやインターネットブラウザでアラームの設定ができるモードです。寝室やリビング、外出先など離れた場所でもスマートに操作できます。

【シンプルクロックモード】
単純なアラーム時計として、目覚まし時計のように利用できるモードです。

声で情報を伝える「ボイスメモ」機能
「ボイスメモ」は、自分で入力したテキストを音声変換して、再生音に設定できる機能です。アラームをOFFしたタイミングで、テキスト入力した予定やTODOの内容などを読み上げてお知らせします。また、専用アプリから自分の声を録音して、アラーム音として再生することもできます。

天気予報やGoogleカレンダーの読み上げも可能
天気予報を音声で知らせしたり、Googleカレンダーの予定を読み上げる機能を搭載。
起床のタイミングでテレビやスマートフォンを確認することなく、情報が入手できます。

■アラームOFFした履歴をほかの人と共有可能
アラームを止めた日時を記録し、その情報を専用のURLでほかの人と共有することができます。また、アラームがOFFになったタイミングで専用アプリへのプッシュ通知や、指定したメールアドレスにEメールを送信することもできるため、離れて暮らす家族の見守りツールとしても使用できます。

■変則的なアラームも設定できる「Myカレンダー」機能
アラームのON/OFFをワンタッチで切り替えられる。
自分の予定に合わせた「Myカレンダー」を作成できる機能を搭載。
祝日を反映させる/させないことや、毎週○曜日のみアラームを鳴らすなど、自分に合わせたカレンダーをアラームへ反映させることできます。

■アラームに連動したLEDライト
本体にはアラームと連動したLEDライトを10色搭載。
アラーム設定時に、予定に合わせたLEDライトの点灯カラーを設定可能。また、オリジナル再生音15曲を搭載。

今後は、Amazon「Alexa」、Google社「Googleアシスタント」の音声アシスタントと連携予定です。連携後は、Amazon EchoやGoogle Homeなどのスマートスピーカーに搭載された音声アシスタントに話しかけると、「リンクタイム」のアラーム設定や停止ができるようになり、スケジュール管理やアラーム設定が可能になります。

・Kink Time LT10 サイト
https://www.kingjim.co.jp/sp/linktime/


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください