【書籍紹介】 2018年冬休み まとめて読んでおきたい書籍6冊

本日の書籍紹介は、2018年冬休み まとめて読んでおきたい書籍6冊です。

いよいよ、今年も1カ月を切りましたが、来年卒業まじかの学生さんは、内定も取れて最後の冬休みに突入します。そして社会人は、もう少しでお正月ですね。冬休み、お金が無くて、どこにも行かない方、帰省しない学生、社会人の方、読書のタイミングです。

どこにも行く予定がなくても、ちょっと静かな「スタバ」などの喫茶店で読書などいかがでしょうか。

さて、2018年のノーベル医学生理学賞を京都大学特別教授の本庶佑氏が受賞しました。日本人の医学生理学賞は、1987年の利根川進氏、2012年の山中伸弥氏、2015年に大村智氏が、2015年に大隅良典氏が受賞しています。

ですので、がん免疫治療薬「オプジーボ」の開発に関係のあるこの「免疫学」について、体の中でどんな働きをしているのか、ちょっとお勉強しておく必要が有るでしょう。

それともう一つ、「地球温暖化」問題
近年の異常気象。。。異常気象と言うより、常態化してきていますが、宇宙のことは少ししていても、地面の下の地球の中はどうなっているのか、あまりよく知りませんので、良い機会ですので調べてみましょう。

1.免疫

免疫細胞は、互いにコミュニケーションをとりながら、人体に有害な異物のみを選んで攻撃していたのですが、がん細胞は、それを上手くブロックして自己増殖していますが、それを抑える仕組みを研究中です。

1)新しい免疫入門 自然免疫から自然炎症まで

免疫の入門書としてもGoodですし、最新の情報が詰まっています。

2)美しき免疫の力―人体の動的ネットワークを解き明かす

がん細胞を抑制するT細胞(制御性T細胞)の発見とその真実性の確定までの流れが詳しく記載されている

3)人体はこうしてつくられる――ひとつの細胞から始まったわたしたち

人体は、すべては「受精卵」というひとつの細胞から始まる。この恐ろしく精巧な体。それに比べたら、人工知能なんてタダのオモチャです。なんせ、自分でかってに、体を作り上げ、ネットワークをはるのですから、始末におえません。

受精卵の細胞分裂から、各器官が次々に形成されて人体が完成するまでの過程、さらには成長し、生命が維持される仕組みまでを克明に綴り、未知の部分の多いヒトの発生過程という、難解で神秘的な生命現象の一般向け解説を目指した科学読み物ですが、ちょっと難しいです。

2.地球物理学

近年、必ず、大規模な地震が発生すことが予測されています。 それに、「地球温暖化」の問題も避けて通れません。 この問題は、どうしようもないことかもしれませんが、やはり、少しは、どのような仕組みになっているのか、知っておくべきでしょう。

1)~3)まで読むと、よくもまあ、こんな日本という小さな島の盛り上がり(大地)に「原子力発電所」を幾つも造りやがって。。。余程の「バカ」でなければ、こんな日本列島に「原子力発電所」を稼働させておくことが、いかに愚かな事か、理解できると思います。

1)日本列島の下では何が起きているのか 列島誕生から地震・火山噴火のメカニズムまで

2)フォッサマグナ 日本列島を分断する巨大地溝の正体

– 目 次 –
序 章 ナウマンの発見
第1章 フォッサマグナとは何か
第2章 地層から見たフォッサマグナ
第3章 海から見たフォッサマグナ――日本海の拡大
第4章 海から見たフォッサマグナ――フィリピン海の北上
第5章 世界にフォッサマグナはあるか
第6章 〈試論〉フォッサマグナはなぜできたのか
第7章 フォッサマグナは日本に何をしているのか

3)地球とは何か 人類の未来を切り開く地球科学

日本はなぜ自然災害が多いのか? 地球の事を知る一冊です。

– 目 次 –
第1章 地球の誕生
第2章 地球の内部構造
第3章 プレート・テクトニクスという考え方
第4章 地球環境はどのようにできたか
第5章 世界遺産で見る地球の歴史
第6章 日本列島と人類の歴史と気候の変動
第7章 地球の鉱産資源とエネルギー資源

4)地球46億年 気候大変動 炭素循環で読み解く、地球気候の過去・現在・未来

最近の異常気象について、どうなっているのだろう? という単純な疑問から読んでみました。

地球は、色々な奇跡が重なり、微妙なバランスで、これまで成り立っていることが、この書籍を読むと理解できると思いますが、これから先も、この絶妙なバランスを保てるのでしょうか。。。誰も分かりません。

ただ、この書籍を読めば、「気候変動」を起こす要因が複数あると云う事が認識できるでしょう。

今年、火星探査機が、火星に降り立っています。

去年は、土星探査機「カッシーニ」が役割を終えて、土星の大気圏に突入して、消えてしまいました。 なぜ消したかと云えば、将来、木星の惑星「タイタン」が地球とよく似た環境ですので、土星の環境系を地球の菌で汚さない為に、燃やしてしまいますた。

遠い未来に、どの惑星になるか分かりませんが、地球から移住する惑星になるかもしてません。 その時は、人間の体も進化せざるを得なくなるかもしれません。 体だけロボットになっているかもしれません。

関連記事
【書籍紹介】2018年 夏休み まとめて読んでおきたい書籍

【書籍紹介】2017年 冬休み 読んでおきたい「脳」に関する書籍6冊です。

【書籍紹介】「人類と気候の10万年史」  著者 : 中川毅

【書籍紹介】「地球46億年 気候大変動」 炭素循環で読み解く、地球気候の過去・現在・未来  横山 祐典 (著)


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください