「Chromium」ベースのブラウザ「Opera」、「Vivaldi」が、ゼロデイ脆弱性を回避するためのアップデートを公開。

2019年3月8日、
「Chromium」ベースのブラウザ「Opera」、「Vivaldi」が、ゼロデイ脆弱性を回避するためのアップデートを公開しましたので、早急に更新を実施です。

Microsoft社の新しいブラウザ「edge」も、エンジンを「Chromium」ベースに変更すると発表しています。

1.「Opera」

バージョン:58.0.3135.90(19/03/07)

対応OS
・Windows 7、8.1、10
(バージョン37から、Windows XP、Vistaのサポートが打ち切られています)
・Mac
・Linux

・Windows版 ダウンロード サイト
http://www.opera.com/ja

2.「Vivaldi」

バージョン:2.3.1440.60(19/03/04)

<対応OS
・Windows(32bit版と64bit版)
・Mac OS X
・Linux(32bit版と64bit版)

・Vivaldi Technologies サイト :https://vivaldi.com/
・ダウンロードページ  :https://vivaldi.com/download/

関連記事
ノルウエーの「Opera Software ASA」が、デスクトップ向けWebブラウザー「Opera 58」の正式版をリリース

ノルウェーの「Vivaldi Technologies 」が、Webブラウザー「Vivaldi 2.0」をリリースしました。


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください