Microsoft社が、「Windows 10 Insider Preview」の最新ビルド「Build 10074」を公開

4月29日、
Microsoft社が、サンフランシスコで開催されている開発者コンファレンス「Build 2015」で、「Windows 10 Insider Preview」の最新ビルド「Build 10074」を公開しました。

前回のビルド「Build 10061」は、4月22日でしたので、わずか1週間で配信されました!!!
名称も「Technical Preview」から「Insider Preview」に変更になっています。
Sponsored Links





私の場合、「MacBook Air 13」に入れて試しているのですが、早速、ダウンロードはできたのですが、なぜか? インストール後の設定途中で、どうやら失敗して更新がかからず、元のバージョンに戻っている様で、まだ試すことができない状態でいます。。。。何とかインストール完了です。
やはり、ISOイメージ提供版は、すこし安定していますね。

改良点
・ブラウザ
これまで、コードネーム「Project Spartan」と呼ばれていた新ブラウザの名称が「Microsoft Edge」という名称に変更になっています。このブラウザが搭載する新しいレンダリングエンジン「EdgeHTML」に由来している様です。

尚、Windows 10では、新しい「Microsoft Edge」と「Internet Explorer」の2つのWEBブラウザーを併載する予定です。

・Continuumの改良
・Windows 7での透過デザイン「Aero Glass」を復活
・デジタルアシスタント「Cortana」のUI変更を変更
・Xbox App April 2015をアップデート
・Windows Store Betaの改良
・「音楽のプレビュー」と「ビデオのプレビュー」アプリをアップデート
・Windows標準のサウンドを変更

ISOイメージの提供
今回は、ISOイメージ(入手するのは、アカウントが必要です)があります。
ISOイメージの提供も始まっていますので、初めて使ってみたい方は、下記の「Windows Insider Program」サイトからダウンロードできますので、パーテーションを切って、別ドライブにインストールして使用してみるのも良いでしょう。
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/preview-iso-update-1504

その他、開発者会議「Build 2015」において
いよいよ、Microsoft社が本領を発揮して来ています。 開発者を大事にしないと、アプリケーションの提供が進みません。他のプラットフォーム上の言語でも、Windows 10用のアプリを作成できる様に、ツールを提供し始めています。
<予定のツール>
・Android向けのJavaとC++のコードを「Windows 10」スマートフォンに移植する方法を発表。
・Appleの「iOS」の言語「Objective-C」のコードをコンパイルする機能が提供される予定。
・WEBサイトをMicrosoft Store用のアプリに変換する方法を発表。
・NETアプリとWin32アプリがWindows Storeで提供される予定。

追記>2015年5月
Microsoft社のジェリー・ニクソン氏が「Windows 10は、Windowsの最後のバージョンとなる」と発言しています。
いよいよ、1985年に誕生したWindowsも終了する様で、次期OS名は「Redstone」と呼ばれている物らしいのですが。。。
恒例の3年毎の「バージョンアップ」が行われなくなるだけでも、デベロッパーもユザーも、ちょっとほっとします。

関連記事
Microsoft社が、デスクトップ版のオフィススイート「Office 2016 Preview」のダウンロード提供を開始
Microsoft社が、「Windows 10 Technical Preview」の最新ビルド「Build 10061」を公開
Microsoft社が、新ブラウザー「Spartan」を搭載した「Windows 10 Technical Preview」の最新ビルド「Build 10049」を公開
Microsoftが、「Windows 10 Technical Preview」の最新版「Build 10041」のISOイメージを公開
Windows 10 へのすすめ 「Windows 10 Technical Preview」の最新ビルド「Build 10041」を公開
第1回目 「Windows 10 Technical Preview」版で、IE11にGoogleツールバーを入れてみた。
MacBook Airに、Boot Campを使ってWindows 10 Technical Preview 版を入れてみる

Sponsored Links





コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*