Microsoft社が、「Windows 10 Insider Preview」の最新ビルド「Build 10130」を公開


Microsoft社が、「Windows 10 Insider Preview」の最新ビルド「Build 10130」を公開しました。
いよいよ、正式版のリリースが、近づいていますが。。。。全然、ワクワクしません!!
Sponsored Links





今回のアップデートにおける変更点は、ユーザーインターフェイスの改良がメインとなっている様ですが、まあ、本来、アイコンのデザインなんて、一番最後で、どうでも良いんですが。。。。。。。

本来、OSの改良は、セキュリティがメインで、そんなに頼みもしないのに、変更しなくてもいいところまで変更してくるので、ちょっと厄介です。

Appleのアップデートは結構、ワクワクするのに、Windowsのアップデートは全然、ワクワクしない。。 なぜだろう?。。。。。改悪してくる方が多くて、恐怖さえ感じると云ったら、大げさだろうか?

昔から、Windowsを使用している、ユーザーならお分かりでしょうが、UI(ユーザーインターフェイス)なんか、今更、変更しないでほしいと思うのです。

一番変更してほしくない所、コントロールパネルのアイコン、各種設定処理画面、機能追加するのは結構だが、思いっきりUIを変更しない事です。

Windowsを知っている方も、何年経っても、理解できない方でも、色々な事が、設定変更できるところですので、バージョン変更のタイミングで変更しないでほしいですね。

1)アイコンのデザイン

不人気のフラットデザインのアイコン類に、少しだけ、奥行きを付けたデザインになっています。
Appleなども採用している、フラットデザイン。。。。ダッサイ、「アイコン」。。。。フラットデザイン。。改悪以外、何物でもない。

2)設定画面 スタート

デスクトップでフルスクリーンスタートをオンすることができるようになっています。

3)タスクバーではジャンプリストがタスクバーにマッチするデザインに変更

4)その他の機能
・タブレットモードの際に画面上端のフリックでアプリバーを出す操作が復活
・新WEBブラウザー「Microsoft Edge」ではサイドペインをピン留めする機能が搭載
・印刷機能ではPDFファイルへ印刷する仮想プリンター「Microsoft Print to PDF」が追加。

WEBブラウザー「Microsoft Edge」が、やっと、まともに使える状態まで来ている様です。

関連記事
Microsoft社が、「Windows 10 Insider Preview」の最新ビルド「Build 10122」を公開しました。Microsoft社が、「Windows 10 Insider  Preview」の最新ビルド「Build 10074」を公開
Microsoft社が、「Windows 10 Technical Preview」の最新ビルド「Build 10061」を公開
Microsoft社が、新ブラウザー「Spartan」を搭載した「Windows 10 Technical Preview」の最新ビルド「Build 10049」を公開
Microsoftが、「Windows 10 Technical Preview」の最新版「Build 10041」のISOイメージを公開
Windows 10 へのすすめ 「Windows 10 Technical Preview」の最新ビルド「Build 10041」を公開

Microsoft社が、デスクトップ版のオフィススイート「Office 2016 Preview」のダウンロード提供を開始

第1回目 「Windows 10 Technical Preview」版で、IE11にGoogleツールバーを入れてみた。
MacBook Airに、Boot Campを使ってWindows 10 Technical Preview 版を入れてみる

Sponsored Links





コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*