「酒鬼薔薇聖斗」こと、「元少年A」という名で18年前の神戸連続児童殺傷事件を起こした犯人が手記『絶歌』を出版

「酒鬼薔薇聖斗」こと、「元少年A」という名で18年前の神戸連続児童殺傷事件を起こした犯人が手記『絶歌』を出版したことで、良い記事が有りますので紹介します。

「酒鬼薔薇聖斗」の“人間宣言”――元少年A『絶歌』が出版される意義

この書籍、手に取って、見たいと思って、書店に行っても書籍が置かれていません。 販売を自粛している書店もあるようです。。。

ただ、私が考えているのは、当事者の書籍の内容とは、ちょっと違う視点です。

人間の「脳」についてです。

精神障害では無いが、精神病質(サイコパス)、発達障害(自閉症、広汎性発達障害、注意欠陥・多動性障害)、解離性同一性障害など。。。脳の機能障害に関する文献は、書店に行けば、山のように、腐るほど有ります。

人間の神経細胞(ニューロン)の数は約1千億個、シナプスの数は約100兆個と云われています。

現代科学の中でも、「宇宙物理学」と人間の「脳」に関することは、ナゾだらけで、何も分かっていないことが、たくさん有りますが、複数の書籍を読んでゆくと、現在、こうではないか。。と云う事が分かります。


Sponsored Links




1.無知からくる誤解、偏見

よく、頭の悪い人を「脳みそ」が足りないと云いますが、間違いです。 グリア細胞に囲まれた「脳細胞(ニューロン)」の数は、ほぼ同じですが、脳細胞どうし「シナプス」と云う接合部位で繋がっていないだけです。 「シナプス」で繋がっていたとしても、脳内物質による情報伝達が上手くできないでいるだけです。 分かり易く云えば、ニューロンどうしが繋がっている「ネットワークの配線」が、おかしいか、問題があるのです。

とりわけ、「脳」の障害、病気に関することは、ほぼ、テレビで「放送」しません。 なぜ?

なぜなら、放送したら、差別だ、偏見だ。。。とテレビを観ている視聴者から、電話がかかってくるからです。 そんなもん、危なくて、放送できないでしょうね。

従って、世の中、書籍も読まず、テレビしか観ていない、「世間」の大部分の人間は、ほぼ、自分の脳のことなど、何も知りませんし、知ろうとも思っていないのでしょう。ひとたび、事件が発生すると、あんな事するなんて、「信じられない」、「人間じゃないよね!」などと、ほざくだけです。 何の意味もない。

本当は、小学校、中学校、高校と、教育機関で、ちゃんと教えるべきです。 自分の頭(脳)の仕組みを。

2.精神病質サイコパス)について

例えば、精神病質(サイコパス)などは、世の中の2~3%の割合で存在すると云われています。 映画、『羊たちの沈黙』のハンニバル・レクターまではいかなくても、サイコパスは世の中に確実に存在するのです。

余りに「無知」過ぎて、「捕食」されてしまう人達が絶えません。「捕食」と書きましたが、どういう事かと言うと、食物連鎖の中で、動物が、下位の他の動物を食い殺すのと同じなのです。 そこに、良心の呵責など、微塵も無いのです。

上記の様な凶悪な殺人犯だけを指すわけではなく、確実に「サイコパス」は存在するのです。

1)犯罪心理学者のロバート・D・ヘアは、「サイコパス」を以下のように定義している。参照:ウキペディア

  • 良心が異常に欠如している
  • 罪悪感が皆無
  • 他者に冷淡で共感しない
  • 慢性的に平然と嘘をつく
  • 行動に対する責任が全く取れない
  • 自尊心が過大で自己中心的
  • 口が達者で表面は魅力的

普通の人間では、決して、犯さない犯罪でも、脳で良心を感じることが出来なければ、なんでもできるのです。

他人を思い通りに操縦たり、ウソに長け、口がうまく、愛嬌があり、人の気持ちを引きつけたりといった特徴も含むものとされています。

「サイコパス」=「殺人鬼じゃない」という部分も、多分に含んでいますので、注意が必要です。
人生、長く生きていれば、1度くらい、こんな最悪な「化け物」のような、理解不能の人間に出会っているはずです。

詐欺などの被害に合わなければ、気が付かない人も居るでしょう。

2)ケヴィン・ダットンの調査による、「サイコパス」の多い職業の上位10位は次のとおりです。 参照:ウキペディア

  • 会社経営者
  • 弁護士
  • TVやラジオのジャーナリスト
  • 小売業者
  • 外科医
  • 新聞記者
  • 警察官
  • 聖職者
  • コック
  • 軍人

始末が悪い事に、「知能」は低くないのです。 むしろ、高いのです。

事件が、起こる度に、判で押したような「言葉」しか出てこない。。。「信じられない」、「人間じゃないよね!」などと、ほざくだけです。被害者には、何も罪は無くても、こんなことが、どうして起こるのか。。。世の中、無知すぎます。

世の中の人達は、どうせ書籍を読んで、学習する事なんてしません。ですので、もっと、テレビで、踏み込んで、報道すべきです。 普段は、好き勝手なことを言っている、コメンテーターでさえも、「脳」に関する事は、自分が叩かれるのを嫌がり、絶対にはっきりと物を言いません。

「サイコパス」について、詳しく知りたいなら、下記の3冊の書籍がお勧めです。
  

3.野放しにしておくことしか、できない理由

ただ、現実には、このような人間は、確実に存在しています。

人間の神経細胞(ニューロン)の数は約1千億個、シナプスの数は約100兆個有るので、脳の配線を直せば治る問題ではないのです。今の科学、医学で、こんなの治せるわけが無いのです。

脳の血流を調べることができる「スキャン画像」で明らかになるのは、健常な人の脳と比較すると、「眼窩皮質」と「扁桃体」周囲の活動が低下していて、この領域の脳の活動が低下すると、人は衝動的になるとされ、他者の感情を共有する事に大きな障害を持つ可能性が高いと言われています。 幼少期の精神的、身体的、性的虐待により、サイコパス的な人格を発症するスイッチが入るのではとも言われています。

ですので、このような人間を「精神障害者」として、犯罪を犯さない限り、世の中から隔離できないのです。

「精神障害者」として、扱うと犯罪を犯した時に、法律で「罪」に問えないのです。だから、普段、正常者として扱い、犯罪を犯した時に、法律で「罪」を問うかたちしか取れないのです。 要は、野放しにしておいて、犯罪を犯して、初めて「罪」を問う事しかできないのです。

もう一つ、この様な「脳」を持った人間は「更正」する事が、可能なんだろうか?。。と云う疑問です。

この事件も、当時、未成年者をどのような更生プログラムで更生させたのか不明です。国もこのような人間を野放しにしておくなら、どんな脳をしているのか、それをどう更生プログラムで更生させたのか、明らかにすべきです。

脳のお勉強をすれば、すぐ、わかるのですが、人間は、意識、無意識の区別で言えば、かなりの割合で無意識の世界で行動している部分があるのです。しかし、「意識」は脳のどこに有るのかさえ、分かっていません。 人間、全て、自分の意識、意志で動いていると思ったら、大きな間違いです。

4.野放しにしておくことしか、できないのなら、できる対策は?

こんな凄惨な事件では無くても、職場で、「変な人」、「ダメな人」扱いで、陰口を叩いて、何の解決もできないくせに、愚痴やほざきが、多い職場を見かけます。

「脳」 の障害の事など何も分かっていないだろうし、何も知るとつもりも無いので、勝手にほざいていますが、無知な人に関わりにならないように、聴いているふりをすることも多々あります。 多分、一 生、堂々巡りでしょう。

バカにつける薬は無い」と云いますが、無知に付ける薬も無い」のです。。。。こんな状態ですので、差別や偏見が無くならないのも事実です。

いずれにしても、世の中のバカどもが、見ているゴールデンの時間帯に、テレビで、子共でも分かるように、分かり易く説明することができる「池上彰」さんにような人に、1年間かけて、週4回くらい、脳科学、脳神経学、脳の病気について、強制的に放送してほしい物です。 どこのチャンネルを回しても、同じ放送を流すのです。

そうすれば、自分の身を守る手段にはあまりならないと思いますが、地球に存在している「動物」の中で、一番邪悪な「生物」としての「人間」をちゃんと知る事が出来るのではと思います。 この世に生まれ育ってからの「性格」や「根性」の問題ではないのです。 劣悪な養育環境(ネグレクト、DV)の影響はあると思いますが。。

「誰でもいいから、人を殺してみたかった」と云って、本当に「実行」する「脳」の異常さ、違いを、ちゃんと共有すべきです。

本当は、脳科学、脳神経学、脳の病気ばかりでなく、歴史、人類学、生物学、哲学、宇宙物理学など、幅広い知識があれば、興味も広がるのではと考えますが、ほとんどの国民は、半径5m以内の「ぐだぐだな世間」の中で自分をどう見せるか精一杯で疲れてしまい、家に帰ると、何もする気が無くなる気持ちも分かりますが。。。マンガの本ではなく、たまには、本屋さんで、1冊2500円くらいの書籍を身銭を切って、時間を見つけて読むのも面白いと思います。そして、1冊で信じてはいけません。同じことが書かれている書籍を複数冊読んでみる事です。

こうなると、本屋さんが儲かるでしょうが、いや、決して、本屋さんの回し者ではありません。。。。

そうすれば、テレビやネットの発言を簡単に「受け売り」して、くそ生意気な「意見」や「ボヤキ」を人前で言わなくても、よくなります。

補足説明
バカ、バカと耳障りな言葉を使用していますが、私の言っている「バカ」とは、決して「知能」の低い人の事ではありません。

遺伝子的に「知能」が低いのは、その方のせいではありません。 生まれ持ったものですから、私が指摘する事ではありませんし、そこまで「傲慢」ではありません。

私の言っている「バカ」とは
知能指数(IQ)」は、通常のものを持っているにもかかわれず、毎日、毎日、仕事して、家に帰り、風呂に入って、酒飲んで、飯食って、テレビ観てバカ笑いして、寝るだけの「極楽トンボ」生活を送っている奴のことです。

年に1冊の書籍も購入しない、読みもしない、新聞も「テレビ番組」欄しか見ない生活をしている奴です。

たまに、「腐れ生意気」なことを云うが、全部「テレビ」や「ネット」の受け売りを得意げにしゃべっている「偉そうな奴」です。

明らかに、「不都合な真実」を背負って生きているのが見えているが、他人には「ばれていない」だろうと思っている奴。


Sponsored Links









関連記事
ルポライター鈴木 大介さん「貧困に喘ぐ人と「支援者」がすれ違う根本理由」の記事を読んで、支援の難しさについて

子育てがつらすぎる! なぜこんなに不安で孤独なの?私って、母親失格? 母親になる前に知っておくべき「脳」の仕組みについて。

今年、一番面白かった、他人のブログ記事。。。もう「最高傑作」です。

恋人がいない若者の4割弱は恋人が欲しくない。。。。なんだそれ?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です