高槻中1女子殺害事件に思う。

高槻中1女子殺害事件 行方不明となっていた中学生2人がいずれも遺体で見つかるという、最悪の展開になってしまいました。

「動機」は? などと言いますが、動機などあるわけが無い。 「衝動」でしょう。

ただ、騒がれたから、言う事を聞かなかったから、殺されただけでしょう。獣が獲物を追いかけて、食い殺す様に。。。。。

動機の問題ではないのです。

脳神経細胞、ネットワークの繋がりが、通常の人間の「脳」と明らかに違うのです。

ここをちゃんと理解していないから、事件が起こる度に。。。。何も、学習せずに、同じことを言うだけ、「信じられない。。。こんな残酷な事をして。。」などと、ほざくのです。

まあ、これが、「世間」です。 何にも分かっていない「集合体」です。


Sponsored Links




1.「サイコパス」的な人間に「捕食」されてしまう現実。

敢えて、「捕食」と書いたのには訳があります。
このサイコパス的な「化け物」の様な「脳」を持った生き物には、「良心の呵責」というものが通用しないのです。分かり易く云えば、ここの部分を感じる「脳」の配線自体の繋がりが、狂っているのです。

だから、「けだもの」の食事と同じように、なんのためらいも無く、殺せるから「捕食」と書いたのです。

なぜなら、人間社会の中で守るべき機能が脳の中で働かないのです。だから、笑って人を殺せるのです。 そこに心の痛みは、感じないんです。

2.サイコパス的なと言ったのにも訳が有ります。

サイコパス的な人間が、皆「殺人者」ではないと云うことです。

要は、「良心の呵責」をつかさどる部分が、通常の人間の脳の「神経回路」と違うが、生後の劣悪な養育環境も影響している場合もあり、幼少期に性的虐待を受けたなど、劣悪な環境によりスイッチが入ってしまう事もあると云う事です。

そのサイコパス的な「良心の呵責」の無さを助長する劣悪な養育環境、生活環境にはまっていれば、誰も気づかず、助長してしまいます。人を殺してもなんとも思わなくなる脳に変化、固定化するのです。

更に、凶悪な犯罪を犯してしまう理由に、脳にガンなどの疾患があると、正常な判断する部分の脳神経細胞が正常に働かず、脳の疾患により犯罪を犯してしまう場合もあるが、この場合、診断が出なければ、犯罪者として罪に問われてしまう。

逆に、サイコパス的な能力を遺伝的に持っていても、ちゃんとした養育環境、生活環境で育てば、スイッチが入らない場合もある。

サイコパス・インサイド―ある神経科学者の脳の謎への旅
サイコパスを調べていたある研究者が、自分の家系もサイコパスだったことに気が付きます。

3.このような事件が起こると、取り締まる「法律」を作れ、こんな人間には「GPS」を取り付けて常時、監視できるようにすることのできる法律を作れと言います。

確かに、米国では、このような法律のある州もあります。 ミーガン法

しかし、このような「サイコパス」的な脳を持った人間は、人口の数パーセントを占めると言われれいます。
人口の数パーセントいるのですよ、何人居ると、存在すると思います?

日本の人口 1億2千万人の2~3%ですよ。何人いるんですか?

その中で、どんな方法で、これから、殺人をするだろう人間を選別する?
今の段階では不可能でしょう。

ただ、殺さないまでも、自分より弱い人間を何らかの形で、自分の思い通りにしようとして警察に捕まった事のある人間に「GPS」を付けるとしても、何人いるのか? 毎日、危ない人間の行動をGPSで捕捉するのは、人数的に無理でしょう。

4.他人を殺すところまで来て、やっと、社会が大騒ぎする。

政府も国民も、ちゃんと、「脳」が違うが人間がこの世の中に、世間に、歴然と存在するということを一部の国民が知っているのではなく、ちゃんと共有すべき事柄なのです。

実は、サイコパスの能力の大きな欠点は、「良心の呵責」のなさですが、それ以外の能力は、優れたものもを持っています。 それが証拠に、サイコパス的な人間の多い職業は、経営者、医者、弁護士などなのです。

ケヴィン・ダットンの調査による、「サイコパス」の多い職業の上位10位は次のとおりです。 参照:ウキペディア

  • 会社経営者
  • 弁護士
  • TVやラジオのジャーナリスト
  • 小売業者
  • 外科医
  • 新聞記者
  • 警察官
  • 聖職者
  • コック
  • 軍人

サイコパス的な人間は、知能が高く、観察能力も高いのです。

悪党に分類される「サイコパス的」な脳を持った人間とは、どのような人間なのか、こんな脳になぜ、なるのか?このような人間を矯正することができるのか、下記の書籍を読めば、少しは、理解できると思います。

暴力の解剖学: 神経犯罪学への招待
犯罪者の脳を調べてゆくと、脳細胞の興味深い、仕組みがわかってきます。重大な犯罪行為をする人間の心拍数は通常の人間より、かなり低いそうです。 なぜか?

5.このような「脳」の機能に関する事柄は、テレビでは放送できないのです。

何故?
こんな事柄を放送すれば、何も認識できていない世の中の人間達の一部が、差別だとか、へったくれだとか、人権侵害だとテレビ局に抗議して来るでしょう。

だから、さわらぬ神に祟りなしなのです。

 何も、深く理解してい無い奴に限って、他人にレッテルを貼る「クソ」国民が多く存在するのも確かで、それに対する注意も必要なのです。

「発達障害」についても同じです。
テレビしか見ていない人間には、未だに何のことか認識できていないのです。  発達障害のなんたるかも。

本屋に行けば、脳の機能に関する事柄の書籍なんて、吐いて捨てるほど有ります。

6.だから、日常生活で書籍も読まないような知的レベルの国民は、何も知らないのです。

このような脳を持った、持つようになった人間を縛る法律を作る前に、もう少しで、国民全体で、このように自分で学ぶことのできない知的レベルの国民が、人間が存在することも知っておく必要があります。 ただ、圧倒的多数の国民がこの低レベルでしょうから、文句を言えば逆襲される可能性もある なんせ、多勢に無勢ですので。。。。。

テレビでも、スポンサーなんか気にせずに、世の中にこんな「獣」に近い脳をした人間が存在することを知らせるべきです。 怖いのは、反社会的な組織だけではないと云う事をです。

私にも中学生の娘がいますので、亡くなったお子さんのご両親には言葉もありませんが、夜中、街を彷徨いていれば、このような人間に捕食されることだけは伝えておきたいです。 これからも、このような脳の獣は、十分存在していますので、必ず同じことが起こります。

よく、女が、気軽に、何でも、自分に都合が悪い時、「セクハラだ」、「パワハラだ」と、ほざくのと同じように、あんたは、サイコパスだと、大声で叫べばいいんです。

そこまで、認知されないと、この国の国民には伝わらないでしょうね。

何故なら、サイコパス的な人間が数パーセント世の中に存在するのと同じように、世の中の事を何も知らないで生きている、存在している人間の数の方が、圧倒的に多いのですから。

さあ、
世間の、どの「階層」の人間の「問題」を解決すれば、このような事件に巻き込まれないようになると思いますか?


Sponsored Links










コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です