「Windows 10」の「高速化」対策とメモリ管理について


Sponsored Links




3)「自動復元ポイントの作成」を無効にする。

自動復元ポイントとは?

Windows側で、自動的に、なにか、自分でアプリケーションをインストールしたときや、大きな設定変更した時に、復元ポイント(自動バックアップ)を作成しておく仕組みです。

何か、問題が起きたときに、バックアップを取った時の状態に書き戻してくれます。
便利といえば、便利ですが。。。。。要らないと云えば、要らない。。。

これも、重い原因の1つです。
自動復元ポイントを作成しなくなり、何か不具合があった時に戻れなくなりますが、あまりPCをいじくらない人ならOKでしょう。

「コントロールパネル」→「システム」画面→「システムの保護」タブで、システムの保護を無効にする。

fukugen_001

4)「Windows 10」にアップグレード後に、C:ドライブの空き容量を増やす。

エクスプローラー(ファイル操作アプリ)を開くと、C:ドライブに「Windows.old」フォルダが出来上がっていますが、これが、アップグレード前のwindowsシステムが、戻せるように出来上がっています。。
windows.oldのファイルサイズを確認すれば、びっくりです、約18GBも食っていますので、これを削除です(使用しているパソコンによって容量が違います)。

このファイルは、1か月以内であれば、元に戻せるようにするためのバックアップファイルですので、元に戻す必要がなければ、速攻、削除です。

Windows_old_001

削除方法は、「Windows.old」フォルダを右クリックして、削除するだけです。

しかし、このフォルダを右クリックして、「削除」とやっても、アクセス権が無いと拒否されることがあります。ですので、違う方法だと消せますので紹介します。

関連記事
Windows10にした時にできる「windows.old」フォルダーを削除できない!!!!

次のページは、5)トラッキング機能の停止


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*