Microsoft社が、「Windows 10 Insider Preview」の最新ビルド「Build 10547」を公開

2015年9月18日、
Microsoft社が、「Windows 10 Insider Preview」の最新ビルド「Build 10547」を公開しました。
Sponsored Links



2015年7月29日、「Windows 10」の正規版がリリースされましたが、「Insider Preview」は早期検証目的に正規版より速く、Windows Update経由でインストールできる「Windows 10 Insider Preview」版として、まだ続いています。

正規版のリリース前から、これを使用している方は、Windows7、8.1を所有(ライセンス)していなくても、まだまだ「Windows 10 Insider Preview」を使い続けることが可能です。

私の場合は、「MacBook Air 13インチ」に入れて、毎回、新しいビルドがリリースされる度ごとに、Previewをインストールして使用しています。

機能追加

・Start画面
タイルグループの幅を広げるオプションが追加されました。

この機能は「パーソナル設定」の「スタート」画面にある「Show more tiles」オプションを有効化すると利用できます。

最大512個に制限されていたタイル数も、2,048個にまで拡張されています。

・タブレットモードの改善
タスクビューから、分割表示した2つのアプリをスワイプ操作で互いに入れ替えられるようになり、アプリを閉じるときには、画面の下方向へスワイプすればよい。

・サインイン画面
Windows背景写真を表示させたくない場合は、「設定」の「パーソナル設定」で表示をオフにできる。

・タッチキーボード(ソフトキーボード)の改善
タブレットモードでないときは、自動的にタッチキーボードが出てこないようになりました。

・その他
フォト(フォルダービューが追加)、Xbox、Groove、メール、カレンダー、マップなど、標準アプリのアップデートしています。

追記> 2015年9月23日

クラウドベースの有料サービス「Office 365」のユーザーを対象に、Windows向け「Office 2016」の一般提供を開始した。

https://products.office.com/en-us/home

関連記事
Microsoft社が、「Windows 10 Insider Preview」の最新ビルド「Build 10532」を公開
Microsoftが、「Windows 10」リリース後、初のプレビュー版 「Insider Preview Build 10525」 をリリース
Microsoft社が、「Windows 10 Insider Preview」の最新ビルド「Build 10240」を公開
Microsoft社が、2週で4度目、「Windows 10 Insider Preview」の最新ビルド「Build 10166」を公開
Microsoft社が、今週3度目、「Windows 10 Insider Preview」の最新ビルド「Build 10162」とISOイメージを公開しました。

Sponsored Links


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*