Googleのワイヤレス非対応のスピーカーをワイヤレス化することができる「Chromecast Audio」

2015年9月29日、
Googleが、新しい「Chromecast」と「Chromecast Audio」を35ドルで発売していますが、日本ではまだ販売していませんが、「Chromecast Audio」についてです。

関連記事で記載したのは、ロジクール製のBluetooth接続のレシーバーですが、「Chromecast Audio」は、Wi-Fi 802.11ac(2.4GHz/5Ghz)をサポートしていて無線LAN接続で音楽データを送信で来ます。
Sponsored Links



Chromecast_Audio_001

付属のケーブルなどで、このみのスピーカーに接続して、Android/iOS/Windows/Mac OS/Chrome OS端末とWi-Fiで接続してそれらの端末の音楽をキャスト(聴く)することができますよ。

ロジクール製のBluetooth接続のレシーバーは、Bluetooth機能の付いていない通常のスピーカーでも、別途、セレクタ(切替機)を購入すれば、パソコンのネットラジオの音楽、スマホの音楽も切り替えて、スピーカーから音楽が聴けて、本当に便利です。

手持ちの音の良いスピーカーを所有している方は、是非、「Chromecast Audio」、ロジクール「BB200」どちらでも構いませんが、お勧めです。

Chromecast_Audio_002

付属品
・脱着可能な3.5ミリのステレオミニケーブル
・給電用のマイクロUSBケーブル

・色  :黒のみ。
・通信 :新しいChromecast同様に、Wi-Fi 802.11ac(2.4GHz/5Ghz)をサポート
・音質 :24bit/96kHZ。

・Google サイト
https://www.google.com/chromecast/speakers/

関連記事
ロジクールが、 Bluetooth ミュージックレシーバー「BB200」8月27日より販売開始、購入してみました。

Actiontec Electronics社が、ワイヤレスディスプレイレシーバー「ScreenBeam Mini2 UIBC」の販売を開始

Sponsored Links


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*